『電影少女2018』西野七瀬の色気にクラッ…入浴シーン必見の第4話

しらべぇ

2018/2/3 16:30


乃木坂46西野七瀬野村周平のW主演ドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』(テレビ東京系)が今夜第4話の放送を迎える。

■これまでの『電影少女2018』


(画像提供:(C)テレビ東京『電影少女2018』)

主人公の高校生・弄内翔(野村)が親の離婚を機に絵本作家の叔父・弄内洋太(戸次重幸)の空き家で一人暮らしを始める。

そんなある日、クローゼットの中にあったビデオテープを再生すると天野アイ(西野)と名乗る女の子が画面から飛び出して来る。こうして翔とビデオガール・アイの3ヶ月に及ぶ奇妙な共同生活が開始。

(画像提供:(C)テレビ東京『電影少女2018』)

一方、高校では翔は同じクラスのマドンナ・柴原奈々美(飯豊まりえ)に恋心を抱いていた。だが、奈々美が好きなのは翔の親友・古矢智章(清水尋也)。

(画像提供:(C)テレビ東京『電影少女2018』)

アイの手助けもあって奈々美と映画デートに行くことになり、打ち解けていく翔だったが奈々美は結局、智章と付き合い始めてしまう。

■第4話あらすじ


(画像提供:(C)テレビ東京「電影少女2018」

外食しに出かけた天野アイと弄内翔。新しい服が欲しいというアイは、洋服店で様々な服を試着していると、そこに中学時代の後輩・大宮リカ(大友花恋)が話しかけてくる。

(画像提供:(C)テレビ東京「電影少女2018」

リカは、文化祭の時に廊下の隅で歌っていた子で、翔は記憶より可愛くなっていることに驚く。アイはそんな“懐かしい”という、人間ならではの感覚を羨ましく思う。

(画像提供:(C)テレビ東京「電影少女2018」

その頃、古矢智章と付き合うことになった柴原奈々美は、全てにおいてアニメ制作中心の智章にヤキモキしていた。

(画像提供:(C)テレビ東京「電影少女2018」

一方、智章は、かつてヒット作も出したアニメプロデューサーの清水浩司(村上淳)に、自分たちのシナリオを見てもらう約束を取りつける。しかし、プロの厳しい意見を前に、智章は言葉を失う。

(画像提供:(C)テレビ東京「電影少女2018」

締め切りまで時間がないため、アニメコンクールに向けて作業を進めないといけないが、動揺している智章は、奈々美や翔らと大喧嘩をしてしまう…。(公式サイトより)

■西野七瀬の生脚に釘付けな第4話


地上波での放送に先行する形でAmazonプライムビデオでも配信されている本作。しらべぇドラマ班が視聴したところ、第4話の感想はこんな感じだ。

・翔の片想いが切ない……青春モノの王道だけど、やっぱり何度観ても切ないものは切ない

・というか翔いいやつ過ぎるだろ……なんていうか大人になった今こういう作品を観ると、主人公に感情移入するよりも可哀想に思えてくる……青春って残酷なんだな

・そしてさらっと登場したリカ役の大友花恋さんが激かわ。当然翔への片想いフラグびんびんだし。翔くん、もうこっちいっちゃいないなYO!

・そしてそして今回もアイ役・西野七瀬さんの魅力が炸裂! 入浴シーンでは生脚や美デコルテを堪能できるぞ!

という感じ。ネタバレを避けつつ紹介したが、なーちゃんファンは必見の内容だ。(言われなくても観ている人が大半だろうが)

■3人目のかわいい子・大友花恋に注目!


(©ニュースサイトしらべぇ)

そしてこの回から大宮リカ役で大友花恋が登場する。雑誌『Seventeen』の専属モデルとして活動する傍ら、女優業でも『あなたのことはそれほど』(TBS系)などに出演。今後要注目な存在だ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

アイちゃん、奈々美ちゃんに続き3人目のかわいい子が登場し、ますます華やかになっていく本作から目が離せない。

《これまでに配信した『電影少女』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『電影少女2018』西野七瀬の「にんじゃりばんばん」が激カワすぎる

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤

あなたにおすすめ