最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

産後クライシスを防ぐには?「うちも見習わせたい…」妊婦を支えた夫の対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


催眠心理療法士×占い師の相川葵です。

出産後に夫婦間が不仲になってしまう現象、「産後クライシス」。この言葉が話題になって久しいですが、妊娠中、産後にさまざまな問題に直面し、問題を抱える夫婦は少なくありません。

妊娠中は体調の変化や精神的に不安定になることも増えます。また産後は子供に手が取られ、思うようにいかないことも多いかもしれません。母親が父親にイライラしたり、腹を立てたりすることが増えるのもこの時期です。お互い助け合って一緒に子育てしていくためにはどうすればいいのでしょうか。

◆状況に合わせた役割分担で夫婦仲良く

お腹が大きくなってくると食器洗いや洗濯、掃除なども難しくなっていきます。また産後は、小さな子供に手を取られて家のことがおろそかになることも増えてくるでしょう。

そんな時はお互いの状況に合わせて、役割を分担させていけるようにしてみるのはいかがでしょうか。旦那さんは身重の奥さんに代わって料理を手伝う、上の子供の面倒を見るなど、それぞれの生活スタイルに合わせた助け合い方があるはずです。

==========

「1人目を産んだときは、旦那が私の辛さを分かってくれていないような気がして…泣きながら彼を責めたこともありました。今思えば『産後クライシス』寸前でしたね。

そのことを反省したのか、私が2人目を妊娠している間は、主人がずっと1人目の子の面倒を見ながら私の容態にも気を使ってくれていたんですよね。食器洗い、洗濯などの家事を、仕事がどれだけ遅くなっても代わりにやってくれたので助かっていました」(35歳・女性)

==========

「つわりの時期はごはんの匂いだけでも気分が悪くなるような状態で、食事を作るどころかキッチンに立つことも難しくなっていた私。出来合いの総菜やレトルトが続いても旦那は文句ひとつ言わず、身体を心配してくれていました。

さらに、ある日から仕事を早めに切り上げて帰ってくるようになりました。職場の上司に相談して、しばらくの間仕事を調整してもらったと言うのです。料理本を一所懸命見ながら、つわりの私でも食べられるような夕食を毎日作ってくれて…その姿は本当に頼もしかったです」(25歳・女性)

◆イラッとしたら、嬉しかったことを思い出す

妊娠中、産後で気持ちが不安定な時などは、旦那さんに対して「融通がきかないなぁ」「何でこんなこともできないの?」と思うことも多いかもしれません。そんな時は旦那さんの「いいところ」「してもらって嬉しかったこと」を思い出してみると自然と心が落ち着き、ポシティブな気持ちになることができます。

妊娠中の体験で、実際に「何度も繰り返し思い出している」というエピソードを2つ、ご紹介しましょう。

「妊娠中に偏食になってしまった時、パイナップルしか食べられない時期がありました。いわゆる『食べづわり』で、パイナップルの酸っぱさが常に口の中にないと、吐き気がしてくるのです。

ある日、東京に大雪が降って歩くのも大変な夜だったんですが、よりによってちょうど缶詰が切れてしまいました。どうしても我慢できなくて旦那に言ったら、長靴でスーパーまで行って、ガチガチに震えながらも缶詰を袋いっぱい購入してきてくれたんです。優しさにジ~ンと来ました。喧嘩しそうになったら、その日のことを思い出すようにしています」(28歳・女性)

==========

「陣痛が始まってから病院へ行く間、尋常じゃない痛みに苦しんでいた私。あまりのうなり声(?)に、タクシーの運転手さんまでオロオロしていました。それでもどうにか耐えられたのは、付き添ってくれた旦那のおかげ。旦那は、移動中も、病室でも、ひと時も休まず腰をさすってくれました。

うちの旦那、普段はクールな人なんです。そのときは必死で何も考えられなかったけど、赤ちゃんを産んだ後で思い出したら、感謝の気持ちがあふれてきました。心から私を心配して、気遣ってくれていたんだなって思います」(33歳・女性)

◆ひとりで悩まず先輩ママにも相談してみよう

同じ妊婦さんやママになった人の話を聞いたり、相談したりすることも時には必要かもしれません。初めてのことで分からないことが多い時にもきっと助けになってくれるでしょう。また人の話を聞くことで、旦那さんに「してもらって当たり前」だと思っていたことに、あらためて感謝の気持ちを持つきっかけにもなるはずです。

妊婦や子供を持つママたちは同じ悩みを抱えていることがほとんどです。自分だけ、と捉えてネガティブにならず、夫婦揃って、妊婦、母親業を楽しむことができるといいですね。

「自分の旦那は協力的じゃない」、そんな風に思っているなら、まずは2人で話し合ってみることも大切です。それぞれができることをやって一緒に支え合っていけるといいですね。

<TEXT/相川葵、女子SPA!>

【相川葵】

米国催眠協会認定ヒプノセラピスト、(財)日本催眠術協会会員催眠術師。「LINEトーク占い」で占い師としても活動し、多くの恋愛相談にのっている @aoi54522997


外部リンク(女子SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス