最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

17歳で3000万円の借金を背負った「ミスiD」起業家アイドルの生き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


まったく新しいタイプの女の子を発掘し、育てる――。そんなオーディション「ミスiD」で、起業家の安藤美冬に見出された栄藤仁美は、まさに“新しいタイプ”の女性だ。

京都の花街で、7代続く老舗のお茶屋の跡継ぎとして生まれた。16歳で舞妓になろうと高校進学を断念するも、いじめにあってクビになり、就職。17歳で3000万円の借金を背負い、飲食業で起業してからは快進撃が続く。

レコード会社、バーの経営に加えて、ミスキャンパスイベント「Miss of Miss」の立ち上げに参画しながら、借金を5年で完済したのちに上京。現在は、飲食業を経営する傍らに、有名イベント「東京ガールズコレクション」や、日本初のゲーム音楽プロオーケストラ「JAGMO」のプロデュースを手がけていた。

28歳にして、ビジネスで辣腕を振るう彼女に、生い立ちから仕事術まで、話を聞いた。

――バリバリのデキるビジネスウーマンなのに、なぜアイドル発掘オーディション「ミス iD」を受けたのですか?

栄藤仁美(以下、栄藤):ひとつは、小さい頃から「ブスだ」って言われて育ったので、コンプレックスを克服したいと思ったんですよ(笑)。ずっと写真を撮られるのがキライで、ほとんど写真が残ってなくて。

もうひとつは、京都の花街をもっと色んな人に知ってもらうために、発言力をつけたいと思ったからです。

――花街とは、祇園や先斗町といった、舞妓さんのいるお茶屋があるエリアですね。歌舞伎役者や政財界の要人が遊ぶ場所、というイメージがあります。

栄藤:たしかに、そういった方々は多いですね。私が小さい頃からよくしてもらっている役者さんたちも、今は主役級で活躍されています。でも、最近は外国人のお客様も多くて、実は敷居はそこまで高くないんです。

ただ、京都独特の閉じた文化でもあって、なかなか知ってもらう機会がないのが問題。いまだに「うちの娘をいくらで買ってくれますか?」って言われることが年に数回あるんですよ(笑)。舞妓になるには、身売りさせられるんじゃないか? みたいな誤解もたくさんあって。

舞妓さんや京都の花街って、歌舞伎における、テレビでも活躍するイケメン役者のような、スポークスマンになれるような有名人がいないんですよね。花街にいらっしゃるお客様や、舞妓になりたいと思う方が増えるように、情報発信ができたらいいな、と思っています。

――栄藤さんは、その花街で老舗お茶屋の跡取りとして生まれたんですよね。

栄藤:京都の先斗町にある、7代続くお茶屋「栄藤」です。小さい頃から、歌舞伎役者の子どもがまた歌舞伎役者になるように、私自身も舞妓になって、お茶屋を継ぐんだと思っていたんです。

小・中学校のときは、お稽古をしながら10種類くらい習い事をして、あんまり友だちと遊ぶこともできなかったくらいで。市川海老蔵さんの娘さんのように歌舞伎に出たり、京都の三大祭に出ることもあったので、周りからはちょっと変わった子だと思われていたかもしれません。

――ある意味では、非常に目立つ存在でもあったんでしょうか。

栄藤:悪目立ちしてたんですかね。やっぱり、跡取りということで、京都のなかでは私の顔と名前を知っている人が多かったんですよ。それがズルいと思ったのか、私に対して「あの子が出るんだったら、みんな辞めます」ってストライキが起きちゃって。

母も、舞妓がゼロになるのはまずいと思ったらしく「諦めて」って言われたんです。もう、高校への進学も考えてなかったので、目の前が真っ暗になっちゃって…。一時期は、誰も信じられなかったくらい。

私の仲良い子には、伝統芸能業界の人が多い。自分のやりたいことを貫きながら、計画的に大学に行ったり、生まれたときから人生観がブレてないのが、すごいうらやましいと思うこともありました。

――その後はどういった道を選んだのですか?

栄藤:立ち直るきっかけがほしかったんですけど、何をやっていいかわからない。そんなときに、たまたまあるレコード会社のプロデューサーの方から、「音楽に学歴は関係ないから、ウチで働かないか」って誘っていただいて。ADから始まって、徐々にディレクターをやらせてもらうようになりました。

――そこから起業へは、どうつながるのでしょうか?

栄藤:レコード会社で働き始めて1年くらい経った頃に、「自分でお店を出さないか」というお話をいただいたんです。花街でバーをやるということで、ガッツリ借金をして、従業員も雇って。実際に、お金がどうやって流れているのかを、身をもって知るチャンスだと思ったんです。

昔からお世話になっていた方が保証人になってくれたので、3000万円以上の借金をしました。

――さ、3000万円ですか?……スゴいですね。

栄藤:これはすごい良い勉強になりましたね。17歳の自分にとっては、途方もない金額なので、「返せないんじゃないか…?」って不安で、胃に穴を空けたこともあります(笑)。

このときに、「借金をしなさい」じゃなくて、「お金を出してあげる」って言われてたら、また心が折れちゃっても何の責任も取らなくていい。そう思ってダメな人間になっていたはずで。自分の判子で借りたお金って、重みがぜんぜん違うと思うんですよ。

18歳の誕生日を迎えるまで、最初はお店にも立てなかったんですけど。幸いなことに従業員にも恵まれて、一度もマイナスにならなくて。今年でその店が10周年になるんですけど、当時いちばん下っ端だった子は店長をやってくれていて、元々働いてた子たちが同窓会をやっていたり、いまでも仲良しですね。

借金は3年くらいで返し終えたかったんですけど、途中で建物を直したりしながら、もうちょっとかかっちゃいました。

――レコード会社で働きながら、バーの経営も行っていたんですね。

栄藤:そうですね。それに加えて、大学ミスキャンパスのイベント「Miss of Miss」の前身にあたるイベントの立ち上げもやっていました。レコード会社の仕事って、夜が忙しいので、昼の時間がわりと空いていて。借金が大きいので、ドキドキしすぎて夜に寝れなくなっちゃって(笑)。

何かしなきゃっていうときに、ちょうど知り合いが学生起業でイベントを立ち上げようとしていたので、一緒にやることにしました。

スポンサーを探して、ドレスも借りよう、モデルの益若つばさちゃんも呼びたい…。手作りではあったんですけど、2000万円くらいかけて、けっこう大きなイベントになったんですよ。そこで、たまたま益若さんと一緒に、「東京ガールズコレクション(※以下、TGC)」プロデューサーの村上範義さんが来て、お会いしたときに「君、おもしろいね。いい感じにアタマおかしいんじゃない?(笑)」って言われて。いい意味でぶっ飛んでるって意味なんですけど。この出逢いがあったから今の自分があったと言っても過言ではないところがあります。

そのあと、借金を返し終わったあたりで、村上さんから誘っていただいて、上京。TGCのお仕事をさせていただくようになりました。いろんなことを教えてもらって今でも頭の上がらない最高の兄であり、第2の家族です。

――TGCでは、どんな仕事をしていたんですか?

栄藤:最初はスポンサー営業です。ただ「スポンサーになってください」って言うのは簡単ですけど、イベントで利益が出ても、配当金でお返しできるわけじゃないので、何か「やってよかった」って思ってもらえる企画を作りたいと思いまして。

CMとの連動で、若い女の子が欲しいと思える、TGCオリジナルの商品を作ったり、出演するモデルさんがプロデュースする服・化粧品・スイーツの企画を提案したり。最近はタレントさんがプロデュースする商品って多いと思うんですけど、当時はまだなかったので、新鮮に感じてもらえたんです。

私は、カナダの高校には行ったんですけど、日本では中卒。学歴では勝負できないので、アイデアやコミュニケーション力が武器だと思ってます。

――確かに、若い女性ならではのアイデアは、年配の男性が多い経営者たちから見ると新鮮ですよね。

栄藤:そうですね。ただ、若い女性に訴求するということは、将来への投資なんです。いまお金を使える方を狙うのであれば、もう少し上の年齢を狙う必要がある。でも利幅が薄い商品だとしても、高校生のうちから「ウチのブランドはいいよ」と刷り込んでおくことで、ファンを育てることができるんです。

――ゲーム音楽のプロオーケストラ「JAGMO」には、どういったきっかけで参加したんですか?

栄藤:ゲーム音楽のアマオーケストラは、たくさんあるんです。JAGMOもそのひとつで、知り合いがやっていたので、ずっと「もっとこうすればいい」ということを口出ししてたんですね。

あるときに、「大手のゲーム曲が使わせてもらえない」という話になっていて。みんな代表電話から電話したんですけど、断られた、と。たまたま、昔からお世話になっている方がその会社にいたので、話だけ聞いてもらいに行ったんです。

「曲を使わせていただくことで、良いことも悪いことも、すぐには起こらないと思うんですけど…やらせてもらえませんか?もしかしたらしばらくやってなかったゲームをまたやりたい、知ってたけど遊んでなかったタイトルをやってみたい。そう思ってもらえるきっかけになるかもしれないから」

と正直にお願いをしたら「まあ、おもしろそうだからいいんじゃないか」って言ってもらえて、日本で初めて、その会社の曲をそのゲームタイトルオンリーの主催コンサート以外のオーケストラでやらせてもらえることになりました。

――JAGMOの演奏は、NHKでも番組を組まれるなど、大きな注目を浴びていますね。

栄藤:ゲーム音楽のオーケストラに関して、一緒にやっているパートナーの深澤恵梨香は、東京音楽大学の作曲科を卒業しています。彼女は昨年放送のアニメ『Just Because!』で、やなぎなぎさんと共作で音楽制作や、映画『君の名は。』の音楽協力でのオーケストレーション、大人気の『けものフレンズ』の東フィルコンサート(けものフレンズ×東京フィルハーモニー交響楽団「もりのおんがくかい」)の音楽監督、アレンジを担当しています。実は彼女と一緒にJAGMOを卒業したのですが、今年また面白いことを企画中なんですよ。

今後も、ゲーム音楽のオーケストラだけじゃなく、アニメやゲーム音楽の制作など、彼女と一緒にいろんなことをやっていきたいと思っています。

――その他に、今後やってみたいことはありますか?

栄藤:最終的には、やっぱり花街や関連する伝統文化を発展させていきたいですね。その入り口として、ハレの日に着物を着る文化を広めたり。着物って、日本の文化のなかでも屈指のインスタ映えすると思うんですよ。

とはいえ、ふだんから着物を着るのが難しければ、「着物を来て、こんな旅行やイベントにいきましょう」という、シチュエーションを作るのがいいかもしれません。

たとえば、ヨーロッパにオペラを見に行ったら、自分がドレスアップをして、劇場に足を運ぶということで、自分の気分も高まって、より楽しくなると思うんですよ。ドレスコードとしてじゃなく、オシャレとして楽しむとか。着物の敷居が高ければ、浴衣でもいいですよね。

最近は、歌舞伎界もイケメンの役者たちがテレビに出たり、スポークスマンとして活躍されています。ただ、歌舞伎界でも「役者は芸だけに精進するべき」というふうに、こういった動きに対する批判する人もいましたし、壁は大きかったんです。

でも、「ワンピース歌舞伎」なんかで歌舞伎に興味を持つ人が増えて、すごく良いきっかけになっている。京都の花街でも、こういった動きができるようにがんばっていきたいです。

<取材・文/森祐介 撮影/林紘輝(本誌)>

【栄藤仁美】

1989年、京都生まれ。京都の花街で、老舗お茶屋の跡取りとして生まれるも、舞妓になる道を絶たれ、起業。17歳で3000万円の借金を背負うが数年で完済。現在は飲食業を経営する傍ら、「東京ガールズコレクション」や、日本初のゲーム音楽プロオーケストラ「JAGMO」のプロデュースなどを手がけていた。「ミスiD 2017」では安藤美冬賞を受賞


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス