最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

小島瑠璃子、美容整形の実態を調査 元テラハメンバー・ちゃんもも◎の告白に感心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(番組に代理MCとして出演した小島瑠璃子)

国際美容外科学会(The International Society of Aesthetic Plastic Surgery、略称「ISAPS」)がまとめたレポート 『2016年美容外科実施統計』 で、「もっとも美容処置(外科的、非外科的処置を含む)が行われた国」として、第3位にランクインした日本。1位は米国で400万件以上の美容処置が2016年の1年間で行われており、2位のブラジルは約250万件、3位の日本は年間約114万件だった。

以前は美容整形といえば、豊胸などの外科的処置を行うイメージが強かったが、現在は非外科的処置も含め、施術内容も多岐に渡り、「カジュアル整形」と呼ばれる安くて手軽な整形が女性たちの間で流行している。

『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』(AbemaTV/アベマTV ※毎週土曜23時から放送中)では、産休中の番組MC・SHELLYに代わり、小島瑠璃子がお留守番MCとして登場。「カジュアル整形がやめられない!」をテーマに、美容整形をする女性たちの本音に迫った。

(タレント・作家のちゃんもも◎さん)

⇒ 過去の「Wの悲喜劇 ~日本一過激なオンナのニュース~」はAbemaビデオで無料視聴できます。

目と鼻を整形し、頬の部分に注射を打ち、脂肪細胞を分解してサイズダウンさせる「脂肪融解注射(BNLS)」の施術を受けたというちゃんもも◎さん。ちゃんもも◎さんの母親は二重で、父親が一重だったことから「二重の遺伝子のほうが強いから、いずれ二重になる」と聞いていたという。しかし、いつまで経っても自身が二重になる気配がない。気になって母親に相談したところ「お父さんには本当に言わないでほしいんだけど、お母さん整形しているんだよね」と言われたという。

 ちゃんもも◎さんは「じゃあ私一生一重じゃん、って思って」と笑いながら当時を振り返った。その後、母親方の祖母からも「お母さん、実は鼻もやっているよ」とカミングアウトされたというちゃんもも◎さんは、自身の鼻も整形。ちゃんもも◎さんいわく、「エステに行くのと同じ感覚でヒアルロン酸を打ちまくって、涙袋もいれた。今はほうれい線が気になる」と話す。

ちゃんもも◎さんの話を聞いたMCの小島瑠璃子が「ほうれい線が気になる気持ち、分かります。私、すごい笑うから笑いジワが人より深いんですかね?」と番組に出演した美容外科医の飛嶋佐斗子さんに聞くと、飛嶋さんがシワの仕組みについて説明。「シワは筋肉が収縮することでできる」と解説し、「カジュアル整形では収縮した筋肉をゆるめてシワを伸ばすためにボトックス注射を行う」と話した。

 「整形は他人からの評価をあげたくてするわけじゃない」と話すちゃんもも◎さんは、整形をしたい女性から相談を受けることもあるという。ちゃんもも◎さんは、「誰かのためにしようっていう人は整形をオススメしない。自己満足で自分が昨日より可愛くなったって思えるならいいと思う」と持論を述べ、100%自分のために行う整形でなければ後悔すると話した。

また、今後どのような整形をしたいかを聞かれると「私は普通でいいんです。自分にできる範囲でちょっとよくしたい」とコメント。ちゃんもも◎さんの話を聞いた小島は「気持ちが明るくポップになるのがカジュアル整形なんですね」「(性格に)マメさがないと無理ですね」と感心していた。

( AbemaTV /『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

(C)AbemaTV

(ライター/小林リズム)

⇒ 1月27日放送「カジュアル整形がやめられない!」
※番組表ページより期間限定・無料で見逃し視聴が可能
※期間が過ぎても Abemaビデオ なら見どころをチェック可能!

外部リンク(AbemaTIMES)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス