最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

姉の知晶と新米執事がキス? 今度は姉の問題を解決『もみ消して冬』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』

『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系)の第4話が、今夜10時より放送される。

かなり振り切れた展開に毎話驚かされる本作だが、第4話はどんな事件が起こるのだろうか? 先週の第3話を振り返りつつ見ていこう。

■感動の親子愛の影で…思わぬ説が浮上した第3話


第3話は、北沢家に20年間勤めた執事の小岩井(浅野和之)が自殺しようとしているところを保護され、それを発端に問題が発生。

自殺の原因を探る中でメイド喫茶に通っていたこと、そこで小岩井の娘・冨美代(桜井日奈子)が働いていることが判明する。

彼女に話を聞くと、小岩井は普段の生活でも北沢家のことばかり考えていると伝えられる。それを知った北沢家は小岩井を復帰させようと、すでに働き始めていたラーメン屋をクビになるよう仕向けることに。

秀作(山田涼介)は夜中に調理場に侵入し、スープをマズイものにすり替えようとするが、そこに父・泰蔵(中村梅雀)も忍び込んできて、なぜかカレーを作り始める。じつはこれ、秀作が小さい頃に食べていた思い出の味で、父が作ってくれていたという事実を知り秀作は涙する。

スープがカレーにすり替わっていたことによって小岩井はクビになり、無事に北沢家に戻ってくるのであった…というお話だった。

■池江に「腐女子説」浮上 今後の見どころに?


3話にして本格的な感動シーンが描かれ、涙する視聴者も見られたが、この影でとある「説」が囁かれていた。

それは、秀作が職場で好意を寄せている警察官の池江里子(恒松祐里)が「腐女子ではないか」というもの。

本作では、秀作がもみ消しの相談をする尾関(小瀧望)との食事シーンが毎回登場するが、第3話でこの食事に同席した池江の反応がどうも怪しいというのだ。







真偽のほどは定かではないが、なにやら怪しい言動が見られたことは確か。今後の展開で、答え合わせはできるのだろうか。

■千晶が楠木にキス? ふたりの関係は…


第4話のあらすじをドラマ公式サイトからチェックしてみよう。

家族のために体を張ってきた秀作だったが、その努力の甲斐なく、知晶(波瑠)が自分より楠木(千葉雄大)を大事にしていることを気にかけていた。

その知晶が泰蔵の持ってきたお見合い話を断り、今、気になっている人がいると宣言。秀作は、ひょっとしてそれが楠木なのでは? と不安になる。

そんな矢先、楠木の背中に鯉の入れ墨があるのを目撃した秀作は、楠木を問いつめる。すると楠木は知晶にキスをされたという衝撃の事実を告白するのだった。ショックは受けたものの、知晶の幸せのためならと、姉の恋を応援しようと思う秀作。

しかしお見合い相手の角居(駿河太郎)が北沢学園の将来に関係する重要人物のため、何としても結婚させろと泰蔵と博文(小澤征悦)に追い詰められて、ある作戦に出ることに…。(公式サイトより)

前回のラストでシャワーを浴びた際に、背中に大きな刺青があることがバレてしまった楠木。一方で予告映像では「酔っ払ったらキスぐらい誰とでもするから!」と知晶の衝撃的な発言も。

果たしてこのふたりの関係はどうなっているのだろうか…。

■刺青を入れて後悔している人は


しらべぇでは以前、タトゥー(刺青)を入れている人を対象に調査を行なっている。すると「タトゥーを入れて後悔している」と答えた人は約半数の47.4%にのぼることがわかった。(©ニュースサイトしらべぇ)

楠木がどういう経緯で刺青を入れたのかはまだわからないが、隠しながら執事をやっているということは、彼も後悔している側なのかも。

それぞれのキャラクターにまだまだ秘密がありそうな『もみ冬』、見逃しは厳禁だ。

《これまでに放送された『もみ消して冬』記事はこちら

・合わせて読みたい→ドラマ『もみ消して冬』 山田涼介の顔芸とかわいすぎる執事に注目

(文/しらべぇドラマ班・菜箸ヨーコ イラスト/ミキシマ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日~2016年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,368名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス