最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

女性は“クサい台詞”に弱い?グラドル吉野七宝実も効果を実感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月2日、AbemaTV(アベマTV)にて、DT(童貞)にスポットを当てた青春バラエティ番組 『DTテレビ』#15 (毎週金曜よる11時~)が放送され、恋愛経験豊富なプロレスラー・大石真翔がゲスト出演し、女性を口説く際のドラマチックなテクニックを披露。グラドル吉野七宝実も効果を実感した。

 例えば、気になる女性と夜景の美しいスポットへ行った際に、女性が「きれい」とつぶやいたとする。それに対して大石は「すごくきれいだけど、感動するほどじゃないかな。どんな夜景だって、君の前ではかすんじゃうからさ」などと、あえてクサい言葉を返すのだそうだ。

こうした台詞を口にすることに、抵抗を覚える人も多いだろう。大石自身も「クサいな、バカみたいだなと思います」とのこと。だが、日本において、女性が日常生活の中でこのような言葉をかけられる機会は滅多にない。大石は「こんなこと言いやがったって思いながらも、気になるんですよ」とその効果を説明した。

 グラビアアイドルの吉野七宝実も「すごくいいと思います」と、このテクニックを絶賛。「私も1回、韓国人の人にすごい好かれたことがあって、『僕の人生に突然現れてくれてありがとう』みたいなことを言われて」と実体験を交えて語った。

 そこで“DTブラザーズ”のメンバーが、グラビアアイドルの清水あいりを相手に、テクニックを実践してみることに。だが、「星がすごくきれい」と言う清水に対し、DT芸人のぼうずは「でも今日の星空かわいそうだな、ここにこんなにきれいな星空がいるんだから」と、清水のことを星空と言い間違えてしまい、大失敗。

 初歩的なミスを犯したぼうずに、MCを務めるチュートリアル・徳井義実は「間違えんといてよ、お願いだから。星空2面になってる」と呆れた様子だった。

⇒『DTテレビ』#15はAbemaビデオで配信中

(c)AbemaTV

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス