鈴木亮平、桜島バックに迫力の相撲を披露!大河『西郷どん』第5話

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00)。2月4日放送の第5話は、「相撲じゃ!相撲じゃ!」を放送する。

原作・林真理子、脚本・中園ミホでおくる『西郷どん』は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語を描く。

藩主に就任した斉彬(渡辺謙)は、父・斉興(鹿賀丈史)派の重鎮たちを罰せず重用すると宣言。父は流罪で未だ謹慎中の大久保正助(瑛太)は、斉彬のやり方に憤る。正助のために西郷吉之助(鈴木)は、藩主と会える御前相撲で勝ち上がり殿の真意を問い正すと息巻く。

さらに、岩山糸(黒木華)に縁談話があり、相手は相撲大会にも出場する上級藩士・海老原だと言う。糸に恋焦がれる正助の無念を晴らすため、吉之助は絶対負けられない試合に臨むことに。島津家の姫・於一(北川景子)が見守る中で、相撲大会に大波乱が巻き起こる。

公式ホームページの「西郷どんの目線」では、鈴木が「第5回はとにもかくにも御前相撲! 桜島が見える世界遺産の地に、驚くほど立派な土俵セットを作ってもらって撮影することができました。この日のためにずっと相撲の稽古を続けてきたので、その取り組みをぜひ楽しみに、そして迫力に驚いていただきたいですね。僕自身、そりゃあ驚く展開があったので…それは放送後にたっぷり語りもす!」とアピールしている。

あなたにおすすめ