最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

優希美青、実写『ママレード・ボーイ』で秋月茗子役に抜擢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女優の優希美青が、4月27日(金)公開の映画『ママレード・ボーイ』に出演することがわかった。

本作は、集英社の月刊少女マンガ誌「りぼん」にて1992年から1995年まで連載され、シリーズ累計発行部数1,000万部超えの吉住渉による大人気コミックが原作。主人公の両親がお互いのパートナーを交換して再婚し、2つの家族が同居することから始まるラブストーリーが展開する。

ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・小石川光希(桜井日奈子)。両親はハワイ旅行で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚することに。さらに、松浦夫妻の一人息子で光希と同い年の遊(吉沢亮)も含めて一緒に暮らすことになる。突然、一つ屋根の下で暮らし始める光希と遊。「家族なんだから好きになっちゃダメよ!」と母親に釘を刺されながらも、次第に2人は距離を縮めていく。

その中で優希が演じるのは、光希と中学校からの同級生で、資産家の令嬢・秋月茗子(あきづきめいこ)。光希と遊の恋を見守りながら、実は茗子も禁断の恋をしている、というキャラクターだ。美人でミステリアスな一面を持つ茗子は、原作漫画やアニメファンから愛される登場人物で、茗子が育む“学校の先生”との恋は多くの女性たちの憧れの的となり、人気を博した伝説的エピソードだ。

オファーを受けた際を振り返り、「“私が茗子⁉︎ 私でいいの⁉︎”と本当にビックリしました」という優希。「凄く嬉しくて、それから撮影まで待ち遠しくて待ち遠しくてたまらなかったです」と喜びを明かす一方、「とてつもない不安とプレッシャーに押しつぶされそうになりました」とも告白。「秋月茗子に出会い、初めて自分の壁にぶつかって悩みましたが、役者として大きく成長できた気がします」と語った。

続けて「こんなにも素敵な役を大好きなキャストとスタッフの皆さんに囲まれて演じさせていただけた事に心から感謝しています。原作ファンの皆さんや、映画の公開を楽しみに待っていてくださる皆さんの期待を裏切らないように、私なりに精一杯頑張らせていただきました」と述べた。

原作者の吉住は、「優希さんは演技力が高くて今後絶対伸びる人だから、というプロデューサーの推薦で出ていただくことになった方です」と明かし、「長身でウェーブヘアの原作茗子と外見イメージは少し違いますが、お会いして、落ち着いた雰囲気が茗子っぽいと思いました。名村先生との恋をどう演じて下さったのか、観るのが楽しみです」と期待を寄せている。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス