最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「アカデミー賞」最有力候補は? 映画評論家が大予想!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「よんぱち 48 hours ~WEEKEND MEISTER~」。2月2日(金)の生放送では、映画パーソナリティ・コトブキツカサさんが登場しました。
先日、いよいよ第90回アカデミー賞のノミネート作品が発表されました。今回の有力作品をコトブキさんが分析します。



鈴木:さあ、第90回アカデミー賞のノミネートが発表になりました。作品賞は「君の名前で僕を呼んで」「ダンケルク」「ゲット・アウト」など、そして「シェイプ・オブ・ウォーター」が最多13部門で候補に選出されていますが、いきなり聞きますね? どの映画が(賞を)取ると思いますか?

コトブキ:現時点で全ての作品を見たわけではないので、限定されてしまいますが、僕は「シェイプ・オブ・ウォーター」が作品賞と監督賞を取ると思います。今回のアカデミー賞、ガラッと変わるって言われているんですね。(注:関係者へのセクハラが問題となった、映画プロデューサーのハーベイ・ワインスタインが休職のため)

鈴木:おー。

コトブキ:差別やマイノリティー、男女の問題などいろいろなものが詰め込まれていることから「シェイプ・オブ・ウォーター」じゃないかと思います。

鈴木:そういうなか「シェイプ・オブ・ウォーター」が取るんじゃないかと。そして日本でも昨日公開した「スリー・ビルボード」。

コトブキ:いやー、面白かったですね。「スリー・ビルボード」も今回のアカデミー賞で6部門7ノミネートされた話題作です。映画は総合芸術だと思いましたね。地に足のついた役者の演技、骨太な脚本、巧みな編集、そして音楽も素晴らしいんですよ。

鈴木:「デトロイト」ってノミネートに入っていないのね。

コトブキ:アカデミーの最有力って言われていましたけど、外れましたね。

鈴木:あれだけ最初に言われていたのにね。すごく面白かったですよ。

コトブキ:これは監督のキャスリン・ビグローが政治的な発言をいろいろな場所でしたうえで、下馬評が高いなか、今回は外れたと。何かに引っかかるだろうと関係者の間では言われていたんですけどね。

鈴木:「シェイプ・オブ・ウォーター」は3月1日(木)公開で、アカデミー賞の授賞式が3月4日(日)。もし賞を取ったら日本でもガーン!って……。

コトブキ:いきますよね。作品に関して監督のギレルモ・デル・トロは「子どもの頃から温めていた企画だ」と言っているんですよ。先ほども言った「Me Too」問題や人種問題、あとはトランプ政権への反発もひっくるめて、この作品は本当に深いんです。なおかつ映画愛が詰まっているんですよね。

次回2月9日(金)は、お笑いコンビ・相席スタートなどが登場します。ゲストアシスタントはバブリー芸人・平野ノラさんです。お楽しみに!


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年2月10日(土) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


<番組概要>
番組名:よんぱち 48 hours ~WEEKEND MEISTER~
放送日時 :毎週金曜13:00~16:30
パーソナリティ:鈴木おさむ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/48/

週末の48時間=よんぱちを充実させる情報満載の生ワイド番組。放送作家、鈴木おさむが旬の情報とゲストを迎えてお送りします。

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス