最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

待ちに待った「沢田研二特集」が大反響! マキタスポーツ&スージー鈴木に直撃インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BS12 トゥエルビにて、毎週金曜深夜に放送中の「ザ・カセットテープ・ミュージック」。マキタスポーツと音楽評論家・スージー鈴木が1980年代の歌謡曲について語り尽くすという、マキタいわく「おじさんたち垂ぜん」の同番組だが、2月2日(金)に「沢田研二」が特集され、話題となった。

番組内でたびたび取り上げられながらも、特集されるのは初めてとなる沢田研二。深夜の放送にもかかわらず、オンエア中からSNSを中心に「待ってたー!」、「30分では足りない!」、「このために目覚ましかけてた甲斐があった!(中略)夜中にテレビだけついた部屋で一人泣きました」など、感動の声が相次いだ。

収録を終えた2人に特集の理由を聞くと、スージーは「2018年6月25日、沢田研二さんは70歳になります! サザンオールスターズがデビュー40周年を迎える日と同じですし、国民の祝日にするべきなんですが(笑)、そんな今年だからこそ取り上げるべきだと」と熱弁。

マキタも「ある年代の人たちにとって、沢田研二さんの影響は本当にすごいものだったんですよね。でも、彼が音楽的に語られることは少ないです。そのあたりをスージーさんが執念深く、掘り下げています(笑)」と続けた。

「この番組はそういう、墓堀り人みたいなところもありますから」と笑うマキタ。「あちこちに話が飛びながら、すごいところまで掘って行っちゃうこともあるんですけどね」と話す通り、番組内でウラの名曲をセレクトして語る「B面」では、かなりエッジの効いた選曲がなされる。

特に今回の沢田研二特集は、マキタをはじめ、関係者、そして視聴者も絶賛するスージー渾身(こんしん)のラインアップ。「悩みましたけど、B面は“佐野元春さんが作った曲”とか“井上陽水さんが作った曲”というように、『沢田研二プロジェクトから出てきたミュージシャン』というテーマにしました。もう、これは超えられないでしょうね」と本人も自信たっぷりの様子。

「スージー監督が打順を組んだ、“スージーJAPAN”です。『TOKIO』が一塁打者ですからね。簡単に塁に出ちゃうのがこの番組らしい(笑)」と野球に例えたマキタは、「沢田研二さんの価値をあらためて世に問うといいますか、新たな面を見せられたと思います」と話した。

2月9日(金)は、「YMO特集」。「ライディーン」から、ちょっとシュールな「体操」やコント仕立ての名アルバムまで、YMOの功績を“掘り返す”。

また、「沢田研二特集」は、2月16日(金)にアンコール放送される。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/136283/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス