最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

パーマ未経験は主に男性…しかし50代だけ多い理由が80年代全開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

((C)ぱくたそ)

髪型で、人のイメージは大きく変化する。そんな重要な部分なのに、ほとんど気にしない人がいるのも事実だ。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,336名に「ヘアスタイルについて」の調査を実施。

全体では38.3%の人が、「パーマをかけたことがない」と回答している。

■男性のパーマはめずらしい


年代別では、どの世代でも男性のほうが多い。

(©ニュースサイトしらべぇ)

髪にお金をかけない男性にとって、パーマは人生で必要ないもののようだ。

「1,000円カットで十分と思っているから、パーマかけておしゃれしようなんて考えがない」(30代・男性)

また社会人になると、髪型に制約ができるとの意見も。

「激しいパーマは上司になんか言われそうなので、するとしてもゆるふわパーマくらいかな。まあ、そこまでして、かけたいと思わない」(20代・男性)

■50代はリーゼントとソバージュで


しかし男性の中でも、50代はパーマ経験者が多くなっている。彼らの青春時代が、大きく影響しているようだ。

「ヤンキー全盛期でうちの学校も荒れていて、リーゼントやアイパーがクラスにいっぱいいた。めっちゃ悪いヤツだけでなく、ちょっとイキっているのでさえあんな感じだったから」(50代・男性)

また80年代は、女性もパーマをよくかけていた。

「ソバージュが流行っていて、平野ノラみたいなのがいっぱいいた。さすがにあのでっかい電話を持っている女性は、そうそういなかったけど」(50代・女性)

■無職は髪型を気にしない


無職・家事手伝いでは、6割近くの人がパーマ未経験。

(©ニュースサイトしらべぇ)

過去に長い無職期間があった男性は、次のように語る。

「人に会うこともないので、髪なんてずっと放置だった。お風呂も面倒だから、入らないことも多かったし」(30代・男性)

一方で、パート・アルバイトが少ないのは、職種によってはかなり自由が利くからだろう。

パーマの施術には、時間もかかる。1,000円カットで済ませている人にとっては、お金だけでなく時間も無駄だと考えるのかも。

・合わせて読みたい→男女間で大きな差も! 美容院で失敗されたと感じる2種類の理由とは

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日~2017年10月02日
対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス