最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

フルポン村上、隠し撮りの対処法を語る「レンズを無茶苦茶見て目を合わす」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SNS隆盛の昨今、芸能人の「隠し撮り」も日常的になっているが、2月3日深夜0時に放送されたAbemaTVの 『芸能義塾大学』 では、お笑いコンビ・フルーツポンチの村上健志が、ファンからの隠し撮りについて語った。

「隠し撮りってほぼわかるんですよ。でも、『撮らないでください』と言ったら自意識過剰ですよね。最初は隠し撮りとか嬉しかったのに、だんだん人が嫌いになっていく。顔を指でさされるみたいに気付かれることもありますし、すれ違った人が戻ってきてちらっとみていくこともあります」

 これに対して、元AKB48の宮澤佐江は、「街中で写真撮られることもありますが、私達は仕事柄ファンにお金を払ってもらって撮影しています。わかって隠し撮りしてきたら睨みますね」と語った。これに対して、村上も完全同意。

「断固賛成です。オレはレンズを無茶苦茶見ますよ。画面を見てるそいつと目を合わせるようにしています。イヤなことしてくるヤツにはオレと同じぐらいイヤな気持ちにさせたい。オレもそいつを隠し撮りしている感じにする。最近世間で言われる“神対応”とかはイヤだ。イヤなやつには、イヤなことをする。ちゃんと人間の対応です。かわいい子、優しい子にはそれなりの対応をしますけどね。かわいい子にはレンズ見るけどウインクするかもしれない。誰に対しても同じ対応はしない。人によって変えます」

さらに、村上は先輩芸人であるお笑いコンビ・千鳥の大悟の態度についても意見。村上は撮影をしようとする一般人に対し「やめてください」というのだが、大悟は兄貴肌な面もあり「ええで」と言う。これについて村上は「ずるっ! 自分だけ株上げて!」と思うそうだ。

(c)AbemaTV

外部リンク(AbemaTIMES)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス