最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「本当に北朝鮮がミサイルを撃ってきたらどうするのか」、議員GOで共産党の“若きホープ”山添拓議員に井上咲楽が突撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年の参院選で東京選挙区から出馬し、当時31歳の最年少で当選した日本共産党の山添拓参議院議員。弁護士の顔も持ち、自身の弁護士事務所を設立している。共産党の“若きホープ”と言われ、安倍政権に代わる政治、予算をくらしのために、ブラックな働き方を変える、今の憲法を活かす政治への転換などの政策を掲げている。

1月8日の成人の日、東京・原宿で街頭宣伝を行っていた山添議員を、国会議員を若者目線から取材するAbemaTV『原宿アベニュー』の「議員GO」で直撃。今回直撃するのは、自民党・石破茂元幹事長や希望の党・玉木雄一郎代表、立憲民主党・枝野幸男代表ら大物政治家と対談経験がある現役高校生タレントの井上咲楽。

 「皆さんが学んだり働いたりいろいろやりたいことがある中で、それを阻んでいる政治があることも、社会があるということも事実ではないでしょうか。新成人の皆さん、どうか新しい政治を私たちと一緒に切り開いていこうではありませんか」

若い世代に向けてメッセージを伝える山添議員。街頭宣伝に原宿を選んだ理由を「やっぱり若い世代の声がきちんと反映される政治でないといけない」と話す。

そんななか、井上がぶつけたのは憲法第9条に対する質問。「相手の出方によっては 非平和的なことで対応するというのは、結局武力行使するということではないか」との問いに山添議員は「やっぱり武力行使をさせない、武器を使わせない、使わない、武器による脅しもしない。そういうことを絶対にする政治が必要なんじゃないかと思う」と回答。続けて「もし本当に北朝鮮がミサイルを打ってきたらどうするのか?」との質問には「なんの理由もなく打ってこない。もし撃ってきたら、こちらも困るけど向こうも困る。だからこそ対話しかないのだと。事態を解決するには」と主張した。さらに「でも、もし今対話したところで北朝鮮の人が聞いてくれるのかなって風に考えたら難しいんじゃないかなと思う」と納得がいかない井上に対し、「じゃあまずは対話をやってみたらどうかと思いますね。やってないですから」と反論した。

 また、この日は妻の大田朝子さんも街頭宣伝に訪れていた。2人は入籍をしていないいわゆる“事実婚”だそうで、「やっぱり結婚して入籍をするとか言いますけども、どちらかの苗字に合わせなきゃいけないというのはお互いいかがなものかと思いまして。夫婦別姓でいきたいということで(籍は入れていない)」と理由を明かした。大田さんも共産党の職員で、2人は学生時代に出会ったという。

最後に井上は「若者の右傾化」について質問。山添議員は「(若者は)決して私は右傾化していると思っていない。もっといろいろな意見があるというのが広がれば、十分変わっていく余地があると思う」と考えを述べた。

(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

▼ 次回『原宿アベニュー』は2月3日(土)12時から!「AbemaNews」チャンネルにて放送

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス