最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ダイスケフィーバー再び!? 中日に移籍した松坂大輔が初ブルペンで見せた表情とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2日目を迎えたプロ野球のキャンプ。取材班はこの日、国内で最も注目を集めていると思われる、沖縄・北谷で行われているドラゴンズのキャンプに赴いた。その理由はズバリ、平成の怪物・松坂大輔の移籍後初ブルペン入りだ。

キャンプ初日には投球練習を行わず、天候不順のなか、詰めかけたファンや報道陣に肩透かしを食らわせた形となった松坂だったが、快晴となったこの日はブルペンに入った。

すでに報道でこの日に「初ブルペン」が予告されていたせいか、練習開始30分前の午前9時半には、ファンや報道陣でごった返していた北谷球場。普段はやすやすと止められる広い球場の駐車場もすでに満車で、記者も駐車に苦労したほどだ。

10時少し前、投手陣が姿を現すと一斉に焚かれるフラッシュ。この日キャンプを訪れた、OBの山本昌氏も「(中日のキャンプで)こんなに人がいる見たことないよ、すごいねぇ!」と驚くなか、人混みをかき分けるようにして松坂大輔が現れた。ランニングなどのアップのあとには、キャッチボール、遠投、そしてトスバッティングなどを行った松坂。笑顔が溢れ、リラックスしているように見えた。

10時半、いよいよブルペンに入る。100人を超える報道陣とファンが固唾を飲んで見守るなか、キャッチャーを立たせたまま、32球を投じた。スパーン!と小気味良くミットを弾く音が聞こえたが、本人の表情は優れず、途中で「あ~」と声を上げたり、投球の様子を見守った森繁和監督から、アドバイスを受けた場面もあった。

投球後、取材陣の質問に応じた松坂だったが、やはり内容には納得がいっていない様子。

「全体的に良かったが、痛めた肩肘のストレスはないが、タイミングやリズムが合っていませんでした。キャッチボールでも痛めていた箇所をかばう動作で投げてしまったときがあったが、自分の体に向かって『大丈夫だよ』と言い聞かせて投げました」

と故障明けの体と向き合ってきた、苦労や困難を感じさせるコメントも。

「(投手出身の森監督とは)腕の使い方を話しました。投手同士にしかわからない感覚なので、具体的いに文字にするのは難しいです」

と、「その”投手の感覚”を具体的に説明してほしい」と問う報道陣にやんわりと牽制球を投げる場面があったり、「今日のブルペンは何点か?」と問う記者にも「そういう質問は若手に聞いてください(笑)」と冗談交じりに返すときも。

とにかく前のめりな取材陣に対し「焦らず見ていてほしい」というメッセージを発しているように思えた。事実、「次回のブルペン入りは決めてません、決めるとすごいストレスなので(笑)」と笑みをたたえながら、あくまでマイペース調整を強調した。

日米通算164勝を挙げた右腕は、4年前ソフトバンクと3年約4億円(推定)の巨額の契約を結んだが、わずか1試合の登板(1回5失点)ののち昨季戦力外。今年、キャンプ前の1月末、非公開でのテストのうえ、電撃的に中日に入団が決まった経緯があるだけに、報道陣の“投げ急ぐ”気持ちもよくわかるが、松坂からは、そんな空気にも意に介さない“信念”を感じた。

ただ、観客の期待は予想以上で、2000枚作った、名前入りタオルが初日で完売するなど、ダイスケフィーバーは続いている。<取材・文・撮影/SPA! 2018キャンプ取材班>


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス