30歳以上高額の出会い系アプリに“差別”禁止令

出会い系アプリ・ティンダーが提供する有料サービス「ティンダー・プラス」について、“年齢差別”を禁止するよう裁判所から言い渡された。

同アプリはアメリカで、プレミアムサービスを9.99ドル(約1100円)で提供しているが、30歳以上のユーザーには19.99ドル(約2200円)と設定している。この点について、カリフォルニア州の裁判所は“差別”であるとして、その設定を取りやめるように命じた。

アプリ側は「若いユーザーに比べ、高年齢層のユーザーは高い利用料金を支払う金銭的余裕がある」と指摘して反論していたが、裁判所はその異なる扱いが差別とみなされると判断したという。

あなたにおすすめ