最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

フルポン村上、制作から総スカンされた仕事を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月3日深夜0時よりAbemaTVで放送された 『芸能義塾大学』 のテーマは「急なブレイクに備え知っておきたい売れっ子を待ち受ける芸能界の地雷」。そんな体験をした過去を持つお笑いコンビ・フルーツポンチの村上健志が挙げたのは、「身分不相応な仕事が殺到 気がつくと制作から総スカン」だ。人気者になると、本来得意だったジャンルとは別の仕事が次々とやってきて、迷走に至るという。村上はこう語った。

「僕は芸人。テレビに出るきっかけはネタ番組。それでオーディション受かって仕事増える。でも、ネタ以外のことをやっていないんですよ。ネタで出たのに、色々な仕事がきてしまう。トーク、ロケとかの練習したことがない。テレビってのは、実力ではなく、人気と話題にだけ群がってくる。実力なんてものはない。向こうからすれば“ネタで話題”というだけで使いたいのです。でも、実際に出ると『あいつ面白くないな』と言われる。だって練習していないんだもん……。新人なんだから……、というのは許してくれないですし、“少しずつ成長する”というのは許されないんです。ネタが面白いのとテレビで活躍するのは別なんですよね」

そして、村上は、番組出演者の若手アイドル・グラドルに対し「皆さんもグラビアで結果出したのにバラエティで結果出せ、というのは違いますよね」と呼びかけた。

 これに対し、菊地亜美は「私はアイドルグループではバラエティ向きではありました。でも、アイドルグループで『私、お笑い担当なんです』とかいうのは寒いことです。私、それをやっていたんですよね。アイドルのファンだからそんなことを言っても受けていたところですが、テレビの場合は全然違うことは分かりました」と語った。これを受け、村上も同意の意見を述べる。

「ファッション雑誌でモデルとデート企画の写真を撮るという企画がありました。カメラマンは『もっと好きになっちゃってください!』とか言うんですよ。でも、どっか違う。待合室では『この仕事は僕なんかが呼ばれることじゃないんです』と言いました。そんなことがあったら、スタッフからは『村上はむちゃくちゃ感じ悪い』と言われたんですよ……。あと、ドラマの仕事とかきたけど、ちゃんとヘタなんですよ。実態のないフルーツポンチという人気者を使っているだけ。オーディションなしで使われただけです。そのまま10年ほど『アイツはできないやつ』扱いです。オレが人気あるってことは、色々なことが全部できると思っていた。でも、すごいヘタだったのです。芸人ってコントとかやるから芝居うまいでしょ? と言われていたけど、オレは過剰演技しかできなかった」

このように一旦人気が出ると本業とは別の仕事が舞い込んでくることとなり、それに対してオファーを受けた側が困惑するという例もあるようだ。

(c)AbemaTV

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス