安田顕、大泉洋の”ハナタレ旅”は「普段通り!」と絶賛

森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真。北海学園大学の演劇研究会出身の5人で結成されている演劇ユニット「チームナックス」。彼らが唯一総出演する『ハナタレナックス』(北海道ローカル、毎週木曜24:15~)全国ネット特別番組の第4弾『HTB開局50周年記念 ハナタレナックスEX(特別編)チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅 in 小樽』が、2月4日(日)13時55分からテレビ朝日系で全国放送される。

今回で4回目となる『ハナタレナックス』の全国放送。これまで過去3回、20年以上にわたり、彼らと番組を制作してきた杉山順一プロデューサー(編成局 総合制作部)や番組スタッフに彼らの“生態”について伺うインタビュー特集を実施してきたが、今回はチームナックスのメンバー5人を直撃。その模様を5回にわたって、動画付きで連載していく。さらに、メンバーがお互いどう思っているのか、“あの人について語る”という企画を「誰から誰へ」といったリレー形式で実施している。

4回目となる今回は、杉山Pも「チームナックスの“玉手箱”的存在」と称賛する安田さんにインタビュー。今回の旅の見どころについて語っていただいた。

――今回の舞台「小樽」。オッサン5人旅の注目ポイントを!

そうですね、あの~無いですね(笑)。オッサン5人が旅をしていますからね。私も、オッサンなものですから、オッサンが見たいものっていうのは、別にオッサンではないです。なので、私の方から、注目ポイントっていうのは、一切無いといっていいと思います。ただ、小樽という町や、北海道の海の幸とかは、北海道以外の方たちにとっては、それ自体注目していただけるところですので、オッサンたちが歩く町並みもそうですが、食べる料理などは、きっと楽しんでいただけるじゃないかと思います。

――昨年の舞台「知床」では、冒頭から2年連続の遅刻により、“安田不在”という大失態が……。今回、ご自身の旅を評価すると?

今年ダメだったのは、遅刻をしなかったことです。そこはちょっと反省してまして、もしも次回(全国放送)がありましたら、遅刻をしたいなって思っています。

■「安田さんから大泉さんに!」<リレー企画第4弾>

――大泉さんについて。尊敬している部分は?

大泉さんを尊敬している点は、やはり面白い! 兎に角面白いってところです。

――視聴者にメッセージを!

気が向いたらぜひご覧ください。気が向かなかったら見なくていいです(笑)!

これまで何かしらメンバーが“やらかしてしまう”のが恒例となっているこの全国特番。昨年は、大泉が泥酔したまま登場したかと思えば、安田は寝坊により冒頭不在という、“チームナックスらしさ”全開のオッサン旅が繰り広げられたが、今回は久々に5人が揃ってのスタートで、レトロなボンネットバスに乗り込み観光ツアーへ出発する。ただ、「オッサン5人がただ食べるだけ」では芸がない! ということもあり、ところどころに用意された、グルメを賭けたちょっと意地悪なクイズやゲームも。時に怒ったり、愚痴ったり、こぼしたり、ボヤいたり、店員さんに一目惚れしてみたりと、チームナックスらしい一面もちらほら。

そして、視聴者プレゼントとして小樽ならではのお土産を手作りしたりと、内容も盛りだくさん。かつて北海道開拓の玄関口として北前船が往来し、ニシン漁で繁栄を極めた小樽には、運河や北海道初の鉄道、ニシン御殿など激動の明治・大正・昭和を感じさせる施設や建物もたくさん残っており、そんな歴史も交えながら届ける第4弾「小樽旅」はどこを取っても見どころだらけだ。

今回、泥酔したまま出演したり、遅刻をしてしまったりするメンバーはいないようだが、相変わらず素顔と本音丸出しの旅は変わらず。この番組では、彼らの飾らない“素”の姿が見られることもあり、インターネット上では、「ハナタレナックスやっぱ面白い!」「5人の素が見られて素敵でした」「5人のやり取りが素で良かった」「カメラの前で終始素の5人のおじさんが見られてよかった、来年もお願いします!」と反響だっただけに、今回の旅で、どんな“素”が晒されるのかにも期待したい。

あなたにおすすめ