最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

夫の飲み会にモヤモヤ…ママの本音は?【マンガ新米ママのトリセツ】#13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(C)ながさわゆみ

初めての妊娠・出産って戸惑ってしまいますよね。

いつもは気にしない、夫のささいな言動にイライラしてしまうことも……。

もっと夫婦で妊娠・出産や育児の負担、そしてストレスもシェアできれば、子育てもぐっと楽になります。

今回は『出産・育児ママのトリセツ ~「子どもができて妻が別人になりました」というあなたへ』の筆者が、“妊娠中と産後の夫の飲み会”について、マンガから解説します。

【登場人物】
(C)ながさわゆみ

夫に、“新米ママの取り扱い”を学んでもらいましょう!


▼「飲み会行っておいで」は修羅場のフラグ

(C)ながさわゆみ

▼「私が我慢すればいいから…」なんて思ってないですか?


いつも頑張っている夫だから、飲み会ぐらいで目くじら立てたくない。そんないい妻でいたい。

優しい思いから、思わず夫に「飲み会行っておいで」言ってしまうのかもしれません。

しかし、その言葉の裏に「私が我慢すればいいから……」という本音が隠れてませんか?

妊娠中から産後・育児中にかけては、ホルモンバランスの変化でイライラしやすい時期です。

特に産後はイライラするものです(※1)。我慢ができずに、夫が帰ってきてから思わず怒りが爆発して、予想もつかない修羅場になるかもしれません。

妊娠中・産後は、夫に対してよりも、まずは自分自身と赤ちゃんに優しくすることをおすすめします。

関連記事:「産休=ただの休み」じゃない!? 【マンガ新米ママのトリセツ】#8

▼特に「産後の飲み会」はキャンセルしてもらいましょう


特に、妊娠中に「産後の飲み会の予定を入れてもいい?」と聞かれたら、基本キャンセルしてもらう方が無難です。

出産はゴールではなくて出発点です。妻は出産のプレッシャーが強くて、その後のことを考える余裕はありません。

だから夫の方こそが、産後の育児・家事の体制をしっかりと整える必要があります。

出産と子育ては夫の仕事でもあるのです。

飲み会のことを聞かれたら、遠慮なく「産後のことは、私も分からなくて不安だから、早く帰って一緒に子育てできるようにしてもらっていいかな?」と、無理せず夫に頼っていきましょう。

夫も「飲み会行っておいで」と言われて帰って修羅場になるよりも、最初から「早く帰ってきて、一緒に子育てして欲しい」と頼られる方が気持ちがいいものでしょう。

もし妻である皆さんが、夫の飲み会にイライラしてしまう場合には、この記事を皆さんの夫に読ませて下さい。

きっと、「あ、これはダメだったのか……」と気がついて貰えるはずですよ。

関連記事:パパには分からない?妊婦のキレるポイント【マンガ新米ママのトリセツ】#2

【参考・画像】
※1 Hahn-Holbrook, J., Holt-Lunstad, J., Holbrook, C., Coyne, S.M., & Lawson, T. (2011). Maternal defense: Breastfeeding heightens aggression by reducing stress. Psychological Science, 22, 1288-1295.
※ イラスト:ながさわゆみ
※ 山本ユキコ(2016)『出産・育児ママのトリセツ ~「子どもができて妻が別人になりました」というあなたへ』忘羊社

外部リンク(It Mama)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス