イギリスで放送された「最も不愉快なCM」はKFC<動画あり>

視聴者に好感を持たれるようなCM作りのために、広告業界は日々苦戦していることだろう。このほどイギリスで2017年度の「視聴者を最も不愉快にさせたCMランキング」が発表されたが、その1位はKFC(ケンタッキーフライドチキン)だった。英メディア『The Sun』『London Evening Standard』『Metro』などが伝えている。

イギリスの「Advertising Standards Authority (広告基準局 以下、ASA)」が発表した「2017年度最も不愉快なCM」で1位にランクインしたのはKFCで、ASAによるとこのCMへ寄せられた苦情は755件だったという。

CMはアップテンポな音楽に合わせてニワトリがダンスをするというものだが、楽しそうにダンスをするニワトリが向かう先は屠殺場というシニカルな設定となっている。さらにCMの最後には「まるごとチキン」「チキン以外は使っていません」というKFCの質の良さを押し出したメッセージが大きく出る。このCMを見た視聴者からは「ニワトリに対してまるでリスペクトがない」「ベジタリアン(菜食主義者)やヴィーガン(絶対菜食主義者)、子供らに不快感を与える」という苦情が殺到した。

しかしASAは、このCMを放送禁止にはしていない。なぜなら屠殺の明らかな言及もない上にそれほど深刻ではなく、多くの人の感情を害することがないであろうというのが理由だ。ASAは苦情が寄せられたCMのランク10を発表したが、事実上放送禁止にしたのはそのうちの2つのみだったようだ。

1つめは「Dove(ダヴ)」のCMで、公共の場での授乳についての調査結果を発表したものだ。「問題はない(Fine)」という解答の一方で「胸をさっさとしまうべき(Put them away)」「泣くから授乳するのは絶対間違っている」といった言葉が使われており、視聴者からは「授乳への批判を助長している」「お腹を空かせて泣く子供たちを前にして、育児放棄しろと言っているようなものだ」という抗議が殺到した。その後、DOVEは謝罪しCMを取り下げている。

2つめは「McDonald’s(マクドナルド)」で少年が亡き父のことについて母親に尋ねているというCMだが、少年と父の唯一の共通点がマクドナルドのフィレオフィッシュという展開になっている。しかし視聴者からは「身近な愛する家族の死という深い悲しみを、ファストフードのプロモーションに使うなんてもってのほか」と非難が殺到。これを受けたマクドナルドは謝罪し、CMは放送禁止となった。

ASA最高責任者のガイ・パーカー氏は、「視聴者に誤解を招くような広告を出さないようにと我々は日々取り組んでおります。しかし2017年は、29,997件ものCMへの苦情が寄せられました。多くの苦情があったからといって、必ずしもそのCMが規約違反であるとは限りません。ですが今後も視聴者の反応、CMが意図しているものは何なのかを注意深く観察し、それが社会的基準に沿った内容であるか否かを公にリサーチして、決断を下していきたいと思っております」と述べている。

画像は『The Sun 2018年2月1日付「CLUCKIN’ HELL The ten most complained about adverts of 2017 revealed ― with KFC’s dancing chicken coming out on top」(IMAGE: PA:PRESS ASSOCIATION)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ