「ハチクロ」から「3月のライオン」まで。新潟県で羽海野チカの原画展を開催中!

Walkerplus

2018/2/2 21:00

“日本のアニメ聖地88”に選定されている新潟県新潟市の「新潟市マンガ・アニメ情報館」で、「羽海野チカの世界展 ~ハチミツとライオンと~」が開催中。

本展では、マンガ家・羽海野チカの長編デビュー作「ハチミツとクローバー」とアニメ第2シリーズが17年10月から放送中の作品「3月のライオン」の原画を含む150点以上の原画展示をメインに紹介。今回が初展示となる17年9月発売の「3月のライオン」13巻の表紙の原画など、ファンにはたまらない展示も盛りだくさんだ。

なかでも、男女5人の美大生が繰り広げる青春物語「ハチミツとクローバー」の単行本(紙・電子書籍とも)未収録のスピンオフストーリー2話が読める展示は必見! 生原稿のマンガが読めるまたとない機会だ。この2話の展示は2月1日に内容が切り替わるので、ファンなら何度でも訪れたくなるはず。

会場内スペシャルショップでは貴重な複製原画のほか、イベントオリジナルグッズの販売も。作品のカラーページをまとめた羽海野チカの世界展イラスト セレクション1,512円や、「3月のライオン」のキャラクターがプリントされたかわいらしいミニバッグとポーチセット:タグデザイン付き2,592円など、乙女心をくすぐるアイテムがラインアップ(価格は税込み)。

名シーンから未公開作品まで一挙公開される原画展で、羽海野チカワールドを満喫しよう。(東京ウォーカー(全国版))

https://news.walkerplus.com/article/135092/

あなたにおすすめ