エミリオ・エステヴェス主演のスポーツコメディ『飛べないアヒル』、ドラマ企画が浮上

 1992年から1996年に俳優エミリオ・エステヴェス主演で3作が製作・公開されたスポーツコメディ映画『飛べないアヒル』シリーズ。米ABC局系列のABCシグネチャースタジオズが、テレビドラマ企画を進めているとThe Hollywood Reporterが伝えた。

【写真】シリーズ2作目『D2/マイティ・ダック』フォトギャラリー

企画は初期段階にあり、現時点でテレビ局などは決まっていないという。映画シリーズの脚本を務めたスティーヴン・ブリルと、プロデューサーのジョーダン・カーナーから、ABCシグネチャースタジオズ側に売り込みがあったとのことだ。

1作目の『飛べないアヒル』は、社会奉仕活動を命じられた強気の弁護士ゴードンが、地元の弱小少年ホッケーチーム「ダックス」のコーチになり、奮闘しながら子供たちとの交流を通じて自分自身を見つめ直すさまを描く。全米大ヒットとなり、1994年に2作目の『D2/マイティ・ダック』、1996年に3作目の『D3/マイティダックス』へと続いた。ダックスのキャプテンであるチャーリー役は、当時まだ子役だった俳優ジョシュア・ジャクソンが演じた。

ドラマ版はブリルが脚本を執筆する予定。脚本の出来がよければキャスティングを進めるという。映画版のキャストだったエミリオやジュシュアなどの参加は現時点では未定。ドラマ版が映画版の続編になるのか、リブートになるのかは、今後の続報が待たれるところだ。

『飛べないアヒル』シリーズは過去に、SF風アレンジの利いたアニメシリーズが、米ABC局で放送されている。

あなたにおすすめ