最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ファレル・ウィリアムス、Apple 銀座の「Today at Apple」のために来日 - サウンドメイキングについて自身の哲学を語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●ファレルがCCOを勤める英国のスタートアップ企業「ROLI」の紹介
昨年暮れに7年振りの新作"NO_ONE EVER REALLY DIES"を発表したN*E*R*Dやザ・ネプチューンズなどの活動で知られるミュージシャン/プロデューサー/ファッションデザイナーのファレル・ウィリアムスが、1月16日、Apple 銀座で実施されている無料の学習講座「Today at Apple」のセッション「Music Lab」に登壇。サウンドメイキングについて自身の哲学を語った。

Today at AppleのMusic Lab(ミュージックラボ)では、音楽制作の舞台裏でプロデューサやDJ、ミュージシャンといったプロフェッショナルが作品をどうやって生み出しているのか、そのアプローチやアイディアを形にするノウハウなどを紹介している。

今回の「ファレル・ウィリアムスに学ぶ、創造力の源」と題されたこのセッションでは、サウンドメイキングにおけるインスピレーションを見つける方法や、新世代の音楽制作ツールの製造および販売を行っている英国のスタートアップ企業「ROLI」の製品群が紹介された。ちなみに、ファレルは現在、ROLIのCCO(Chief Creative Officer)に就いている。

最初に登壇したのはROLIのCEOであるローランド・ラム。禅修業のために日本での暮らしていた時期もあるというローランドは流暢な日本語で自身の経歴に触れたのち、プロダクトデモンストレーターであるマルコ・パリジとジャック・パリジの兄弟ユニット"PARISI"を紹介した。

ローランドは、まずROLIの沿革と現在目指している方向を説明すると、最初の製品となった鍵盤状のコントローラー「Seaboard」について解説し始めた。Seaboardは、ピアノで用いられている鍵盤のような形状を採用してはいるものの、一枚のシリコンで出来ており、打鍵する以外のさまざまな方法で演奏ができる。最近はプロミュージシャンのスタジオやライブの現場でもよく見かけるSeaboardだが、昨年1分間だけアカデミー賞の作品賞に輝いた『ラ・ラ・ランド』で、ライアン・ゴズリングがソロプレイをキメるシーンで出てきたのを覚えている人もいるのではないだろうか。Seaboardでは、シリコンでできた表面を押す速さ、左右のスライド、上下のスライド、押し込む動作、離す動作の5つのジェスチャーに反応し、管楽器のような吹き方によってピッチが変わる表現、弦楽器でのビブラートをかけるといった表現が可能だ。

これら5つのジェスチャーはなんと、「書道」の筆運びから着想を得ているという。紙に筆を押し付ける、払う、止める、それに縦のストローク、最後にちょっと力を加えて腕を上げてはねるといった動きが前記の5つのジェスチャーへと置き換えられたのだ。

Seaboard開発の立脚点は、ローランドが得意としているジャズピアノでのプレイスタイルに変化を付けたかったというところにある。アンサンブルの中で、サックスプレイヤーやベーシストの演奏を聴いていて、自分もあんな風なプレイをしてみたいのにできないという、ある種のジェラシーが湧き上がってきたそうだ。ピアノでは鍵盤と鍵盤の間にある中間の音を弾くことはできない、だが、その音を表現したいと思うのは自分だけではないはずだ、ということで、インダストリアルデザインの視点から開発が始まった。

ローランドはまた、写真やグラフィックなど視覚的な芸術表現と比較して、音楽はテクノロジーを取り入れるのに成功しているようで成功していないというところに不満を抱いている。たしかにDAW(Digital Audio Workstation)の発展により、制作の現場での利便性や新たな表現の獲得という点ではテクノロジーの恩恵を受けている。極端な話、楽器が全く弾けなくても音楽を創ることはできる状況になっている。だが、DAWのオペレーションは往々にして複雑で、楽器が弾けなくてもOKだとしてもそれなりに音楽の知識がなければ、扱うのは難しい。

スマホのカメラで撮って、アプリで加工して「インスタ映え~」といったようにイージーにできなかったという側面は間違いなくある。そこで、Seaboardでは、管楽器が吹けなくてもサックスの演奏ができる、弦楽器が弾けなくてもチェロのプレイが楽しめるというようにしたかったのだと明かした。

デモを披露してくれたPARISIの演奏は見事で、ホンモノのギターを、サックスを、ウッドベースを弾いているように聞こえた。Seaboardの表現力の幅はかなりのものだと実感できた。しかし、である。マスターすればいい楽器はSeaboardだけで良いとしても、他の楽器の演奏をシミュレーションするには、その楽器の特性を知っていなければならない。例えば、ギターで、今弾いた音から、5オクターブ上の音へ跳躍するのは楽器の構造上不可能であっても、ピアノなら簡単にできるのだが、Seaboardが鍵盤楽器のような形状をしているからといって、そのようなプレイを持ち込んだ場合、音色はギターそっくりだったとしても、演奏はまるでそうとは聞こえないだろう。

となると、やはりSeaboardでも、ある程度の音楽的な知識は必要となってしまう。音楽では「インスタ映え」みたいな現象は期待できないのか? いや、そんなことはない、Seaboardのベースとなっているコンセプトでいけるはず、ということで開発されたのが「ROLI BLOCKS」だ。

「ROLI BLOCKS」は、「Lightpad Block」というタッチセンサーを搭載したコントロールモジュール、調性やオクターブの切り替え、コードやアルペジオの演奏、音の長さなどを制御するモジュール「Live Block」、テンポの設定、ループの録音やクオンタイズなどの操作を司る「Loop Block」の3つで構成される。これらのモジュールを使って、iPhone/iPad用アプリ「NOISE」をコントロールし、音色の選択、エフェクトの追加、ループの記録と再生をして曲を組み上げていくのだ。

Lightpad Blockは核となるデバイスで、モジュラーシステムを採用しており、本体に搭載されたマグネットで何台でも接続していける。Bluetoothと磁気で繋がっていて、ケーブルは使わない。単音、和音はもちろん、リズム楽器の演奏も行えるのが特徴だ。スケールに沿ったフレーズを奏でられるので、前述のような楽器の特性を知らなくても、触るだけで、それらしい演奏ができるのである。

ROLI BLOCKSの音源部分となるNoiseではリズム楽器、ベース、コード楽器、メロディ楽器が用意されており、Lightpad BlockとLive Block、Loop Blockから一曲に仕上げることができる。音楽理論を全く理解していなかったとしても、土台となるパーツは出来上がっているので、誰が触っても曲のようなものになるというわけだ。

PARISIのパフォーマンスを交えてのROLI主力製品の紹介のち、ローランドはファレル・ウィリアムスを呼び込む。大きな拍手と歓声に迎えられ、ファレルが登場。熱気溢れるApple 銀座のシアターは一気に最高潮の盛り上がりへと向かう。

●ファレルのサウンドメイキングの秘密とは……
ここからはファレルとローランドの対談という形でセッションは進められた。まず、ローランドから、なぜ、我々は創作活動に勤しむのかという質問が投げられた。

ファレル 誰もが創造するということは、人が前へと進むために必要な事柄であるからだと思います。音楽というのは決して廃れない、古くならない、そして自分にとってはとてもやりがいのあることであって、制作活動をして楽曲ができる、それがリスナーに届く、そういったことが他の皆にも影響を及ぼしているのではないかと。

ローランドは少し掘り下げたいと続け、クリエイティブな現場でさまざまな判断が下されるが、どういった、アングルでそれがなされるかと尋ねた。

ファレル アングルを探していく何かを目指していくのは、すべてフィーリングに起因すると考えています。それに何かを追加していくというプロセスを踏んでいくのですね。それで、追加した際、フィーリングが抑制されることもあるし、強化されることもあります。音楽はそういったフィーリングに根ざす面があると思いますね。

テクノロジーがアートに与える影響について話題が及ぶと……。

ファレル 音楽家によるのではないでしょうか。技術を取り入れるのに長けているのであれば、その先、無限に近い形でオプションが加わるでしょうし。それに対し、単にアイディアをシンプルな方法で表現する人もいると思います。いつも同じツールを使ってもいいでしょうし、そこから何か拡張したいということであれば拡張していけば良いだけの話ですよね。

振り返ってみて、今までで創作上、苦労したことは無かったのかと、ローランドが聞くと……。

ファレル 自分にとってのタフな瞬間はあったのかなあと思います。自分が愛してやまないことを追求できてきたことはこの上ない喜びだと感じます。好きなことを続けること自体が学びであるのに、世の中の人はそれを諦めて、弁護士になったり医者になることがすなわち成功だという言説に導かれていくのですが、そういうことではないと。好きなことを続けるのは我々の権利なのですから。

それでは、最高の瞬間が訪れたと感じた時は?という質問に切り替えると。

ファレル ROLIに加われたことですかね(笑)。音楽を創る人々の手伝いができるというのもこの上ない喜びです。

創作はある種の旅であるとも言えるが、その旅路を導いてくれる、突き動かしてくれるものは何なのかとローランドは続ける。

ファレル 音楽のスタイルもいろいろあって、その中での自分の基準、あるいはサウンドに対する期待値というのが、各々にあると思います。そうした状況下で「声なき声」が聞けるということ、先ほどのフィーリングと、作り出した曲の構成だとかコード感などの結果が合致した状態になった時に「やりがい」という感情が湧きがって来るのではないでしょうか。

ファレル自身はともかく、「声なき声」を聞き取ることができない人たちもいるはずだ。そういった人たちが「声なき声」をキャッチできないでいるのに、どんな理由が考えられるだろうか?

ファレル 必ず皆、持っているんです。でも、そこにアクセスできなかったり、そもそもアクセスしようとしない人もいるかもしれません。だけど、そういう「魂」は誰もが持っていると思いますよ。

そんな中でクリエイティビティがどんな意味を持っていたり、役割を果たしているかという質問には……。

ファレル 何かを表明すること、明らかにすることの衝動だと思います。

この返答にローランドは「哲学的になりましたねえ」と日本語でコメント。場内から哄笑が湧き上がったが、きわめて真面目に答えたようだった。ファレルはさらにこう続ける。

ファレル 世の中には無限にアイディアが存在していると分っています。でも、「まあいいや」とか「やっぱりいいかな」という風に、眠ったままになってしまうことがあって、ある日誰かが、突然それらを掘り起こすっていうことがあるんですよ。僕はそれが素晴らしいことだなって感じます。

ローランドはトークの最後に「まあいいや」ではなく、取り組んでいこうではないかと思うことが肝要だと説きつつ、ファレルに、そうあるにはどうしたらいいかと尋ねた。

ファレル オープンであることです。そして試すこと。試すためにはオープンでなければなりません。自身が閉じていたら、インスピレーションが飛び込んでくる余地はありません。皆が強い意志やモチベーションを持っているかというとそうではないので、そういう局面でできるアドバイスはありません、でも、心の中に何か見えるのであれば、必ずそれを何かの成果に結びつけることは可能だと思います。そこは個々によりますけど、「欲求」は教えられるものではないですからね。

これに対し、ローランドは「今日はご来場の皆さんがオープンな心で我々に耳を貸してくれた」と延べ、締めくくった。

最後は再びPARISIによるパフォーマンス。先頃発表されたグラミー賞で二冠に輝き、4月は来日公演が予定されている有名シンガーソングライターの楽曲のボーカルパートだけを抜き出し、リアルタイムリミックスともいうべき演奏が披露された。

ROLIの製品はApple Store実店舗およびApple.comなどで購入できる。今回のパフォーマンスで使用された「Lightpad Block」は税別21,800円。「Live Block」「Loop Block」「Touch Block」はそれぞれ税別9,800円。「Seaboard Block」が税別35,800円。そして新発売の「Lightpad Block M」は税別23,800円となっている。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス