最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

鉄分が8倍にもなる食材も! 生より缶詰の方が栄養価が高い理由は加工の工程にあり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近の缶詰のおいしさにはびっくりするものがあるが、栄養面からみてもメリットがあることをご存知だろうか? しかも生の状態より栄養価がアップする場合もある。例えばトマト缶の「リコピン」は生と比べて約2倍、サバ缶のDHAは約2.7倍と生よりも栄養素が凝縮していることが多い。

下記は生魚と缶詰、それぞれ100gに含まれるDHA量の比較。缶詰の方が栄養価が高いことは一目瞭然だ。
真いわし:生魚870mg→缶詰2080mg
サバ:生魚970mg→缶詰2636mg
サンマ:生魚1600mg→缶詰1927mg
鮭:生魚690mg→缶詰872mg
※『日本人の食事摂取基準(2015年版)』より。2015年10月末監修者調べ。

ではなぜ、生よりも缶詰の方が栄養価が高くなるのか? それは缶詰加工の工程に秘密がある。加工に必要な食品は旬の時期に収穫され、とれたてを真空調理している。つまり栄養価がもっとも高い旬の素材を即、缶詰に封じ込めるため、スーパーなどで出回っている生の食品より栄養価が高いというわけだ。

鉄分は8倍!あさりを食べるなら缶詰

20180201_2_01

生のあさりに含まれる鉄分は100gあたり3.8mg程度。しかし水煮缶にすると約8倍(※廃棄率を含む)近く鉄分を摂取することができる。鉄分が多い食品の代表格・豚レバーと比べても約3倍! しかも吸収率のいい「ヘム鉄」で、赤血球の生成を助けるビタミンB12も豊富なので、貧血予防にはもってこいの食材だ。

さらにこの鉄分の吸収を助けるのがビタミンC。オススメなのが玉レタスの約4倍のビタミンCを含むリーフレタスだ。ビタミンCは熱に弱く水に溶けやすいため、スープなどにして栄養をしっかり吸収したい。缶詰の汁はビタミン12が溶け込んでいるので、捨てずに使おう。

忙しくなると、つい加工食品に手が行きがちだが、栄養素もしっかりとれるものなら上手に取り入れていきたい。缶詰のなかでも水煮缶が好みの味に調理できるのでオススメ。新鮮な生の食材と組み合わせて栄養たっぷりの食事を!

(出典:『栄養を捨てない食べ方』、監修:管理栄養士・麻生れいみ
(K)

外部リンク(エイ出版社)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス