実はラブラブになるチャンス! 遠距離恋愛を楽しむ2つのコツ

yummy!

2018/2/2 17:00


実はラブラブになるチャンス! 遠距離恋愛を楽しむ2つのコツ

転勤や留学などで、遠距離恋愛になってしまうとき、「この関係を維持できるかな」「この先関係はどうなってしまうんだろう……」と不安になりますよね。
今回は、遠距離恋愛でもラブラブでいつづける2つのコツをご紹介します。

遠距離恋愛でもラブラブでいるコツ①相手を信頼する



遠距離になれば、彼氏がどこで何をしているのかが分からなくなってしまいます。家に女の子を呼ぶこともできますし、浮気する絶好の機会だとも言えます。
ですが、そこで浮気を心配して、GPS機能付きの携帯を持たせたり、毎日の帰宅電話を義務付けるなど、彼氏を束縛するような行動はNGです。そういった圧力をかけることで、窮屈に感じ、逆に関係が冷え切ってしまう可能性があります。
とはいっても、思ってもいないのに、「浮気してもいいよ」なんて言っちゃうのはご法度です。彼氏はその言葉通りに受け取り、「浮気しても別れることにならにんだ」と気軽に浮気をしてしまう可能性が高まります。
彼氏を信頼し、浮気をはなから疑わないことが遠距離恋愛を続けるコツです。逆に、信頼関係ができていない段階で遠距離恋愛を続けるのは至難の業だとも言えるでしょう。
信頼感さえ持っていれば、離れていても、不安になることは少ないでしょう。遠距離になる前に、二人で時間を過ごし、信頼関係を築き上げておく必要があります。

遠距離恋愛でもラブラブでいるコツ②感謝する



遠距離恋愛は、デートするのにも、時間やお金がかかります。
彼氏が自分との関係を維持するために、時間とお金を使ってくれていることに、素直に有難うと言いましょう。
もし、「自分だけがいつも彼氏のいる土地に行っている」など不満を感じた場合は、しばらく行くのを止めましょう。彼氏が本当にあなたのことを愛していて、会いたいと思うならば、彼氏の方からアクションがあるはずです。
遠距離恋愛でもラブラブな関係を続けるには、お互いを思いやり、その思いやりにお互いが感謝を示す必要があります。

さいごに



遠距離恋愛をラブラブで楽しむためには、「信頼」と「感謝」が必要です。遠距離で会いたいときに会えない、という辛さはあると思いますが、逆に、お互いの大切さを認識し合えるチャンスだとも言えます。
また、デートに割く時間が少なくなったことにより、自分の趣味や仕事にも時間をたくさん使えるようになる、というメリットもあります。彼氏と会えない時間に自分磨きを頑張ることで、よりあなたの魅力は増していくでしょう。
「遠距離恋愛=辛い」と考えがちですが、自分の時間を大切にできて、またお互いの大切さにも気が付くことができる、絶好の機会だともとらえることができます。遠距離恋愛を涙なみだのただたんに辛い時間にするのか、お互いの関係をより良いものに育てていく期間だと考えるのか、すべてはあなたの気持ち次第です。
今来 今/ライター

あなたにおすすめ