コーヒーはブスの素!? あったか食材を選んで冷え解消!




大寒を過ぎれば暦の上では春に向かうといっても、まだまだ寒いこの時期。体の冷えも気になりますよね。体質的に冷えやすい人もいますが、30代前後の女性なら、ストレスや緊張が原因で冷えが生じているということも。

『SPRiNG』3月号の特集「冷えさえ取ればキレイになれる!」では、冷えの原因や解消法を紹介しています。冷えについて詳しい内科医の南雲久美子先生によると、「ストレスや緊張があると交感神経が優位になり、血管が収縮。血流が滞り、末梢まで温かい血液が巡りにくくなる」とのこと。「肌や生理のトラブル、便秘、むくみ、頭痛、不眠、太りやすいなど、冷えからくる不調は様々。逆に言えば、冷えを取れば不調は改善できます」だそう。冷えを取ると、太りにくくなり、便秘改善にも効果があり肌がキレイになるなど、いいことずくめ!

ここでは、冷え取りのための食べ物の選び方を、様々なジャンルごとに紹介します。ざっくりで良いので、頭に入れておいて、食事をする時のメニュー選びなどの参考にしてみてくださいね。

Tips 1
酔うならビールより日本酒


×:ビール


〇:日本酒

【お酒】
ビール、焼酎、ウイスキー、ワインは体を冷やし、日本酒は温めにおすすめ。

Tips 2
食後の締めにはコーヒーより紅茶を


×:コーヒー


〇:紅茶

【お茶】
ホットでもコーヒー、緑茶などは体を冷やす。
紅茶、プーアール茶などが温めに効果的とか。

Tips 3
白菜鍋は意外と冷える!?


×:葉物野菜


〇:根菜

【野菜】
例外もあるが、白菜、レタスなどの葉菜類は冷、レンコン、生姜、カブなどの根菜類は温。

 

Tips 4
おやつには果物よりも納豆を!


×:生食品


〇:発酵食品

【発酵食&フルーツ】
納豆、チーズ、キムチ、お酢など発酵食が温めに有効。
フレッシュなフルーツは体を冷やす。

 

Tips 5
白より茶色で温めを


×:白い食品


〇:茶色い食品

【色味】
白砂糖、小麦粉など精製されたものは体を冷やす傾向が。
玄米、黒砂糖など茶色食品は温めに有効。

 

他にも、冬野菜、寒冷地で育つ野菜や果物に体を温めるものが多く、生姜、ネギ、にんにく、唐辛子などスパイスも温食材。
また、発酵させると温め食材になるものも。例えば、白菜は冷やす食材ですが、それを発酵させてキムチにすると温め食材になりますよ。



特集では、食べ物以外にも、冷えを解消する入浴方法やエクササイズ、ビタミン剤やネックピローなどのアイテムについてもご紹介。

もっと知りたい! という人は、『SPRiNG』3月号をチェックしてくださいね。

illustration_KAORI FUNAKOSHIYA
text_AYAKO SHIRAKURA, P.M.A. Tryangle

※画像、文章の無断転用はご遠慮ください


↑『SPRiNG』3月号の特別付録は「niko and 7つの内ポケット付き! 整理上手なトートバッグ」です

『SPRiNG』最新号のお知らせ

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス