最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

顔出しNGの副業風俗嬢と客同士が集う謎の交流会「サークルの集まりの感覚に近い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


いつからかこの季節の風物詩として定着した“恵方巻”。食べると縁起が良いとされ、スーパーやコンビニでも見かける機会が多いだろう。そんななか1月27日、都内某所でとある風俗店が主催する“恵方巻”イベントが開催された。風俗店で恵方巻……!?

店の名前は「池袋サイドライン」。風俗の仕事以外に本業を持った女性のみが在籍する“副業専門”のデリヘル店である。イベントでは、池袋サイドラインに在籍するキャストと実際に足を運んでいるお客さんたちとが直接話をしたり、ゲームで楽しむことができるという。要するに、池袋サイドライン流のファン感謝祭といったところだろう。

2016年11月創業の池袋サイドラインは、風俗群雄割拠の池袋エリアで着実に名をあげ始めている新進気鋭の店だ。

名だたる有名店が軒を連ねる池袋で、いかにしてシェアを伸ばしているのか。今回はイベントの様子をお届けすると同時に、その理由を考察してみたい。まずは「在籍女性が素人のみ」「スタッフも女性のみ」「500円で30分のワンコインデートプランあり」など、さまざまな理由が思い浮かぶのだが、今回行われた主催イベントが定期的に開催されていることも大きく作用しているように思われる。

そもそもこのイベントは、店長であるまりなさんのアイデアで始まったものらしい。オープン当初はキャストと店長を兼任していたまりなさんは、2017年12月をもってキャストを引退。これによりお客さんと触れ合う機会が減ったことから、イベントを開くことを思いついたという。また、まりなさんは「副業専門という特性上、写真を顔出しでネットにあげることは不可能。だからこそ、顔を見ることができるうえに話をすることができるイベントに価値が生まれると考えています」という。たしかに、写真ではわからない魅力を直接伝える機会としては最適かもしれない。

イベント参加者の人数は25名。当日ドタキャンはゼロで、客側の気合のほどが見てとれた。前回は12月にクリスマスパーティーとして開催されたが、今回は節分が近いとあってテーマは「恵方巻」。客たちは恵方巻を、デリヘル嬢たちと一緒に頬張りながら、各テーブル毎に会話に花を咲かせていた。

キャストたちがくじを引き、指定された方法で恵方巻を食べるという、ちょっぴりエッチなコーナーも設けられていた。「おっぱいに挟みながら食べる」「喉の奥まで咥える」「手でこすりながら食べる」など、プレイ中の表情を彷彿とさせるお題に会場が沸き立つ。なかでも「恵方巻を男性から食べさせてもらう」という直球のお題に、とても大人しいお嬢様系の現役大学生・美羽ちゃんが、なんともいえない表情を浮かべて応えたことにはグっときた。これこそ「写真ではわからない魅力」の最たるものだろう。

しかしながら、参加者たちはどういう気持ちでこのイベントに足を運んでいるのだろうか。常連客らしい男性に話を聞いてみると意外な答えが返ってきた。

「風俗のイベントに来ているというよりは、サークルの集まりの感覚に近い。何しろ、周囲にいる男たちは全員この店でプレイしたことがある、いわば“同士”。目的が一緒なだけに、疎外感がなく寧ろ一体感すら感じている」(40代男性)

イベントをきっかけにして交流が深まり、ふだんも連絡を取り合っているひともいるらしい。イベント終わりに数名で遊びに繰り出すこともあるそうだ。

また、このイベントで初めて見た女の子を、後日改めて指名してくる客も増加しているという。

「今までノーマークだった女の子が、会ってみたらめちゃくちゃ可愛くてその場で店長に予約を入れたことがあります(笑)。あと、なかなか予約が取れない人気嬢に会えたときは『本当に在籍してたんだ!』と感動しました。予約取りづらくても納得。それだけの価値があると思いました」(30代・男性)

まさに店側の狙い通りに、イベントは成果を挙げているようだ。

イベント発案者である店長のまりなさんも、手ごたえを感じているようだった。

「うちに所属している女性は、副業専門なだけに普段は社会人として生きているので、礼儀も作法もしっかりしている女性ばかりです。コミュニケーション能力も高いし、何よりルックスレベルも高い子が多い。ただ、それは会ってみないとわからないこと。イベントの後は予約が増えますし、イベント開催は結果的に集客に繋がっていると思います」(店長のまりなさん)

それ以外にも、お客さんからの店に対する意見や要望の吸い上げの場、キャスト同士の学びの場としても作用しているという。

イベント終わりは、キャスト全員が握手をしながらお見送り。参加者はみんな、満足そうな表情を浮かべて会場をあとにしていた。イベント終了直後には、すでに参加者の中から3件ほど予約が入っていたそうだ。ちなみに、同イベントの参加費は3000円。「絶対にハズれを引かない女性選び」という観点で考えれば、イベント参加によりコスパの良い風俗遊びができると考えられるのではなかろうか。

様々な風俗店があるなかで、パネマジなどの悪評が広がればすぐに潰れてしまう厳しい時代。ユニークな取り組みを行う店も増えてきた。アイドルたちが様々なイベントを開催し「会いに行ける」ブームとなって久しいが、風俗嬢たちにもその波がきているのかもしれない。<取材・文・撮影/もちづき千代子>


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス