JALとカタール航空、コードシェア拡大 中東・アフリカ・中央アジア発着11路線も対象に

Traicy

日本航空(JAL)とカタール航空は、共同運航(コードシェア)を拡大する。

対象となるのは、ドーハ~イスタンブール/アタテユルク・イスタンブール/サビハギョクチェン・アンカラ・アンマン・ヨハネスブルク・ケープタウン・ダーバン・ナイロビ・アディスアベバ・ダルエスサラーム・バクー線の計11路線。

コードシェアは4月1日から開始し、予約・販売開始は3月14日午前11時からを予定している。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ