最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「不妊治療のお金の話」にネットざわつく『隣の家族は青く見える』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

1日、深田恭子(35)が主演するドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)の第3話が放送された。

不妊治療というシリアスなテーマを取り上げながらも、かわいらしい若夫婦の日常を軽快なタッチで描いた本作は「見ているだけで勉強になる」と注目を集めている。

■保険がきく治療でもイタい金額


(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

深田演じる主人公・五十嵐奈々と、松山ケンイチ(32)演じる五十嵐大器夫妻が、4世帯が協同で建てて入居する「コーポラティブハウス」で暮らしながら、妊活に取り組むという内容の本作。

第3話でもネットの反響が大きかったのが「不妊治療のお金の話」だ。

不妊治療の中でも比較的治療費が高額ではない上に、保険がきく「タイミング法」に挑戦している五十嵐夫妻。しかし、奈々が不妊治療にかかった費用を計算したところ、93,972円といった「一般家庭の家計にひびく」金額が算出される。

■35歳未満でないと助成金はもらえない?


(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

診察や検査、薬代などもろもろの総額に驚き、「助成金はないのか?」と尋ねる大器に「ある」と答える奈々。しかし、大器が喜んだもの束の間、世知辛い現実が明かされる。

「今までは都でも区でも体外受精からしかもらえなかったんだけど、東京都が去年の10月から、一般の不妊治療や検査を対象とした助成金を出すようになったの…ところが条件があって、ここみて」

奈々が指差したWebサイトには

「検査開始日における妻の年齢が35歳未満(夫の年齢制限はなし)」

という条件が記述されていた。

■1回で40万や50万が消える世界


(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

さらに、奈々の口から衝撃的な言葉が飛び出す。

「これが体外受精や顕微授精だったらもっと大変だよ。一回につき最低でも40、50万はかかるらしいから」

もっとも、高額のお金をかけたところで1回の体外受精や顕微授精で子供が授かるとは限らず、10回、20回と繰り返しても授からないケースもあり得る。ここにホルモン注射や薬剤がプラスされると考えると、想像するだけでゾッとする金額だ。

さらに作中でも取り沙汰されていたが、排卵誘発薬やホルモン注射の影響で神経過敏になることもあり得るので、心身・経済すべてにおいて負担は大きい。

■お金の世界にも年齢制限の壁が


(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

不妊治療はおおまかに「一般不妊治療」と「高度生殖医療」に分けられるが、中でも後者に高額な費用がかかることは広く知られている。また、年齢が上がるにつれて妊娠の確率が下がることも有名だ。

しかし、不妊治療の「お金の世界」にも年齢制限の壁があることを知る人は多くない。上記のように助成金の面でも年齢が上がるにつれ、支給を受けることができなくなる。

また、クリニックによっては高度不妊治療が不成功に終わると、実費しかかからない「成功報酬制度」という金額設定をしているところもある。しかし、当然ながらそこにも条件があり、利用できる年齢は基本的に限られている。




■夫婦の対話と迅速な意思決定が大事?


(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

比較的ありがちな落し穴としては、若いうちは高額な「高度生殖医療」を避けて「自然に思われる方法」をチョイスし、助成金の年齢制限を超えてから「高度生殖医療」に移行するケースだ。

「高度生殖医療」を用いても年齢が上がれば上がるほど確率は下がり、「あと1年早ければ」と後悔することにもなりかねない。

妊活夫婦がいつどんな方法を選択するかは、各家庭の自由である。しかし「若くみえるけど35歳」の深キョンが苦悩する姿を見ていると、もし子供が欲しいのであれば、早いうちに夫婦でよく話し合い、迅速に意思決定する大切さを思い知らされる。






■「妊活を楽しむ」姿勢の大切さ


(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

一方、作中ではなかなか妊娠に至らず落ち込む奈々を、夫の大器がレジャーに誘ったり美味しい夕食を作り、懸命に励ます姿が描かれている。とくに大器が奈々にビールを勧めるくだりの、

「リセットして落ち込むのは当然だけど、気持ちも一回リセットしない? じゃないと、子供できるまで辛いだけだよ。そんな毎日送りたくないでしょ。たまには全部忘れて、ビール飲む」

という言葉には、「妊活を楽しむ」極意が詰まっているように思われる。

(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

妊活パワースポットで遊び、夫婦2人で話し合い、足並みを揃えて努力する。そんな生活に楽しみを見いだすことができれば、仮に思い通りの結果でなくとも燃え尽きず、今後に向けて気持ちをリセットしたり、夫婦の絆を深めることができそうだ。

《これまでに配信した『隣の家族は青く見える』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→検査の激痛より怖い 『隣の家族は青く見える』で学ぶ不妊治療の落とし穴

(文/しらべぇドラマ班・星子

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス