最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

年収 

年収600万の男性を探すより、自分で300万稼ぐほうが結婚の近道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。

「結婚相手は年収600万円ないとイヤ」――そんな女性は多いものです。

ところが、男性の平均給料を見ても、25~29歳で約383万円、30~34歳で約457万円、35~39歳で約511万円(民間給与実態統計調査 平成28年度)と、年収600万円稼ぐ男性を結婚相手に探すことは難しいことが分かります。

※編集部注:結婚願望がある20~30代女性が、結婚相手に望む年収は平均「546.6万円」(2017年11月、メディケア生命保険調べ。女性500サンプル)

◆年収600万円の男性なんてめったにいない

そもそも、なぜ結婚相手に年収600万円を求めるのでしょうか。

おそらく多くの女性が結婚をし、子供を産むことを想定して結婚相手を探しているのでしょう。その際に、子育て中に自分が働けなくなる間に生活を保障してくれるような十分な収入の男性を選びたいと考えるのでしょう。

たしかに、子供を育てるにはお金がかかるものです。都市部で子供2人を育てる場合、世帯収入600万円を目指すことは重要です。物価が安い地方の場合も世帯年収400万円以上欲しいところです。地方の場合は、子供が都心の大学に進学する際に仕送りをするのにお金がかかることもあるからです。

◆都市部で子供2人育てるには、世帯年収600万円が必要

なぜ、世帯年収600万円が必要なのかというと、子供を育てるために養育費と教育費がかかるからです。

世帯年収600万円をざっくりと手取りに換算すると年約480万円(月約40万円)になります。18~21歳の子供を1人持つ世帯の消費支出額は37万6000円というデータがあります(世帯主年齢平均52.1歳、『国民生活白書』平成17年度 総務省「家計調査」により特別集計)。

子供2人となると手取り月収が40万円程度欲しいところです。同調査では子供の年齢が0~2歳の時の消費支出額は約25万円なのでピーク時(子供の年齢が18~21歳)には3割程度の支出増が想定されるからです。

◆「夫婦で年収600万」を目指せば、結婚できる確率もアップ!

ではどうやって世帯収入600万円を確保すればよいのでしょうか。

答えは簡単。男性1人の収入では足りない金額を女性が働いて補えばよいのです。

女性の平均給与は25~29歳で約309万円、30~34歳で約315万円、35~39歳で約300万円です(民間給与実態統計調査 平成28年度)。男女の平均収入を足し合えば夫婦で年収600万円を達成させることはできるのです。

数少ない「年収600万円の男性」を探して延々と婚活をするより、自分が働く前提で「年収300万円~の男性ならOK」と考えて選択肢を広げるほうが、好きな相手と結婚できる確率だってずっと高くなります。

「子供が小さい間は子育てに専念したい」という女性も多いですが、後々を考えると、育休を取得してキャリアを温存しておくほうがお金の面ではよいのです。どうしても子育てに専念をしたいという人は、会社に相談をして育休の延長や再就職制度などを検討するのも一つの手でしょう。

そうした制度のある会社に転職をしておく、子育て中に休めるお金を貯めておくなど自力での努力も必要になります。いずれにせよ、男性の収入にばかり依存をしようと思う考えは完全に捨て去ったほうがよいでしょう。

賢いカップルは子供にお金がかからない間から長期的な人生設計を踏まえて、共働きで必要なお金をしっかり準備しています。夫婦共働きの間や子供が小さく支出にも余裕がある時期は「人生の貯め時」ということで収入の25%程度ためているカップルもいます。

貯金ができれば、毎月カツカツの生活から脱却し、ゆとりのある人生設計を立てることができるようになるのです。

◆年収1000万男をつかまえても幸せになれるとは限らない

米国の調査によると、年収が上がることにより幸福感を得られるのは年収7万5000ドル(日本円で約630万円)で頭打ちになるようです。

そのため、年収1000万円の男性と結婚するなどの妄想を抱き、仮に実現されたとしても必ずしも幸せになれるとは限らないのです(後日、このコラムでも高収入男性を捕まえたものの幸せになれていないケースもご紹介したいと思います)。

私は職業柄、いろんな職業の方の家計を見せていただいていますが、年収が高くても、仕事のストレスが大きくて家族と過ごす時間が少ないという人も多いからです。

パートナーを選ぶ際に、「年収」というフィルターを外すことによって、選択肢が想像以上に広がることでしょう。より、自分らしく、自由にいさせてくれる相手を選ぶほうが今の時代は重要なのではないでしょうか。

<TEXT/花輪陽子>

【花輪陽子】

1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、CFP(R)認定者。

1978年生まれ、外資系投資銀行をへてFPとして独立。現在シンガポール在住。『夫婦で年収600万円をめざす! 二人で時代を生き抜くお金管理術』『お金持ちになる女はどっち?』など著書多数。http://yokohanawa.com/


外部リンク(女子SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス