最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

飼い猫をドラム式洗濯機で死なせた男 「家出したパートナーの気を引こうと」(露)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人間関係をうまく構築できず、溜め込んだ苛立ちや怒りをか弱い動物に向けるという非常に卑劣で残忍な性格。許し難い犯行がロシア北部の町ウフタ(Ukhta)で起きた。犠牲になったのはパートナーと共に可愛がっていた猫。あらぬ方法で虐待死させた男の話を英メディアの『Metro』や『The Sun』が相次いで伝えている。

同棲して子までなすも日常的に口論が絶えず、パートナー(24)はついに家を出て行った。苛立ちや恨みを募らせたイヴァン・ワシリエフ(37)はある日、彼女と共に飼っていた愛猫の“リジック(Ryzhik)”を残虐な方法で殺し、彼女の気を引くことを思い立った。ボトル4本分のウォッカを飲むとドラム式洗濯機にリジックを放り込み、ガラスのふた越しに最期の姿を撮影。その後、無情にも洗濯機の30分コースのスイッチをオンにした。

最初の“洗い”の段階では、勢いよく回る洗濯機の中にあっても何とか生き伸びていたリジック。恐怖で鳴いている様子がわかったもののワシリエフはそのまま放置し、少しすると洗濯機は1分につき800回も回転する脱水に移り、リジックの命を奪った。あちこちの骨が砕かれ、頭部から血を流し、微動だにしないリジックの姿を改めて撮影したワシリエフは、その動画を“リジックを洗ってやった”というタイトルでパートナーに送信。「リジックは今ならまだ生きている。早く帰ってこい」などと添えた。

彼女は激しいショックのなかで通報し、警察官を伴ってワシリエフと暮らした家に帰宅。荷物をまとめると「もう2度と会うことはない」と言い残して出て行った。この後、動物虐待致死容疑で逮捕・起訴されたワシリエフは取り調べに対し、「リジックのことは俺も可愛がっていた。胸の上で寝たり大きく伸びをしたり、なぜか俺とだけ一緒に寝る猫だった」と話すも、犯行の動機については「彼女が出て行ったことに腹が立ち、復縁したくて気を引こうと必死だった」と話したという。

ずっと拘置所に身柄を拘束されていたワシリエフ。このほどその裁判が結審し、同被告には有罪判決とともに1年にわたり行動の自由や外部交通の自由を制限されること、公共の場所へ出かけてはならないことなどが言い渡された。この男は過去にも殺人および強盗の罪を犯して服役したことがあり、このたびの事件では「動物より人間を殺す方が簡単だ」などという仰天発言もあった。動物虐待致死事件を非常に重く受け止めて罰する国も多いことから、その程度の刑罰では軽すぎるのではないだろうかという声もあるようだ。

画像は『Metro 2018年1月31日付「Man killed girlfriend’s cat in washing machine at 800 spins a minute」(Picture: east2west news)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス