北海道 しばれる朝に

日直予報士

2018/2/2 14:06

今朝(2日)の北海道は、穏やかに晴れて、冷え込みが強まりました。北海道の方言で、凍えるような寒さのことを「しばれる」と言いますが、まさに今朝はしばれました。

●冷え込みでさまざまな現象が

今朝の道内は、風が弱く、晴れた所が多くなったため、放射冷却の影響で冷え込みが強まりました。

最低気温は、最も低くなった道北の幌加内町朱鞠内で-29.2度、旭川は-20.4度でした。今季一番の冷え込みとなり、旭川では川霧も発生しました。

-30度くらいまで気温が下がると木の中の水分が凍って幹が割れてパチンと音がする「凍裂」が発生し、-20度くらいでは金属に素手で触るとくっついてしまうほどです。

-11.1度まで気温が下がった札幌では、炭酸飲料やジュースが凍るほどの冷え込みとなりました。手品ではないですよ。

●土日は冷え込みが幾分緩む

明日(3日)は雲が広がりやすくなるため、最低気温は内陸で氷点下15度くらい、沿岸で氷点下5度前後と、今朝より高くなる見込みです。

あさって(4日)の最低気温は内陸で氷点下10度くらい、沿岸は氷点下5度前後で、厳しい冷え込みは多少和らぐでしょう。

ただ、天気は次第に崩れ、雪の降る所が多くなります。函館など道南では雪や風が強まり、大雪となる恐れがあるため、今後の気象情報に注意して下さい。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス