飲食店の経営分析やシフト管理サービスを提供へ POSレジアプリ『Airレジ』の進化が止まらない



レジ業務をスマホやタブレットで完結するPOSレジアプリ『Airレジ』は、各種サービス業の多種多様なニーズに応えるべく、機能の拡張を続けています。

リクルートライフスタイルは1月30日、同社が開発・運営する業務支援ソリューションのセミナーやタッチ&トライを実施する『Airレジ カンファレンス2018』を開催。



同社ネットビジネス本部 グローバルソリューション事業ユニット ユニット長の大宮英紀氏と、Air事業ユニット ユニット長の山口順通氏が基調講演に登壇し、『Airレジ』関連サービスの歩みを振り返ると共に、店舗の経営・運営を支える新サービスの導入を発表しました。

利用店舗数No.1のPOSレジアプリ『Airレジ』





『Airレジ』は、小売業や飲食業に必須のレジ業務が『iPad』や『iPhone』で行えるPOSレジアプリ。「0円でカンタンに使える」のキャッチフレーズでサービス開始から4周年を迎え、昨年末に登録アカウント数31万8000を突破しました。



各種クレジットカードや電子マネーの利用をサポートする『Airペイ』に加え、『支付宝(アリペイ)』や『LINE Pay』に対応する決済サービス『モバイル決済 for Airレジ』、受付管理アプリ『Airウェイト』、予約管理ウェブサービス『Airリザーブ』、予約台帳アプリ『レストランボード』など、次々と関連サービスを展開。それぞれの機能を連携することで、利用者の支援体制を強化してきました。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス