最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

名人挑戦は誰? 将棋・順位戦A級が大混戦 最大6人のプレーオフも 羽生善治竜王にも望み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 将棋の佐藤天彦名人(30)への挑戦権を争う、順位戦A級が大混戦になっている。2月1日に同級の5対局が一斉に行われ、トップを走っていた豊島将之八段(27)が三浦弘行九段(43)に敗れ、6勝3敗に。久保利明王将(42)は渡辺明棋王(33)に勝ち、同じく6勝3敗とした。

 現在はこの2人がトップタイだが、3月2日に行われる11回戦の結果次第では、6勝4敗で最大6人が並ぶことになる。11人で行われているA級は1人が10対局するが、現在4敗グループは、既に全対局を終えた羽生善治竜王(47)を含め4人。11回戦で豊島八段、久保王将がともに敗れた時点で、最低でも羽生竜王を含めた3人、最大で6人のプレーオフが決まる。

3人以上が並んだ場合は、前年度の成績をもとにした順位が下位の2人が戦い、その勝者が順位上位の棋士と戦うことを繰り返す「パラマス方式」によって挑戦者が決定する。2月2日の時点での順位戦の成績と、最終戦の組み合わせは以下のとおり。(かっこ内は前期成績をもとにした順位)

6勝3敗 久保利明王将(9)、豊島将之八段(10)

6勝4敗 羽生善治竜王(2)※全対局終了。11回戦は休み。

5勝4敗 稲葉陽八段(1)、広瀬章人八段(4)、佐藤康光九段(8)

4勝5敗 渡辺明棋王(3)、深浦康市九段(7)、三浦弘行九段(11)

3勝6敗 行方尚史八段(5)

2勝7敗 屋敷伸之九段(6)

久保利明王将―深浦康市九段

豊島将之八段―広瀬章人八段

稲葉陽八段―行方尚史八段

佐藤康光九段―屋敷伸之九段

渡辺明棋王―三浦弘行九段

(C)AbemaTV
▶第11回朝日杯将棋オープン戦 準決勝・決勝


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス