最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“ひふみん”加藤一二三九段、藤井聡太五段の昇段を祝福「これからも感動を与える棋譜を」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月1日の対局で史上初の「中学生五段」へと昇段した将棋の中学生棋士・藤井聡太五段(15)に、加藤一二三九段(78)がTwitterで「これからも観るものに感動を与える棋譜を」と賛辞を送った。

 藤井五段は順位戦C級2組で梶浦宏孝四段(22)との対局に勝利し、C級1組への昇級が決定。規定により五段昇段も決めていた。加藤九段は藤井五段の勝利の直後「藤井聡太四段と呼べるのも 今日が最後となりましたね! 史上初の中学生五段誕生そしてC級1組昇級とダブルでの快挙達成、まことにおめでとうございます」と祝福ツイートを投稿した。続けて「これからも天与の才を最大級に開花させて、観るものに感動を与える棋譜を紡いでいってほしい。すくすくと伸びやかに大輪の花を咲かせて下さい!」とエールを送った。

さらに藤井五段がC級2組初挑戦でのC級1組昇級を決め、中学生棋士では自身以来となる「一期抜け」の快挙達成となったことにも触れ「聡太さんには今後もトントン拍子に一気抜けを達成してほしい」と期待をつづった。

なお、藤井五段は2月17日には史上初の「永世七冠」を達成し国民栄誉賞にも決まった羽生善治竜王(47)と「朝日杯将棋オープン戦」準決勝で公式戦初対決する。過去の対戦成績は、AbemaTVで放送された非公式戦など2回対戦し1勝1敗。羽生竜王に勝ち、決勝でも勝って優勝すれば、史上最年少15歳6カ月での棋戦優勝、さらには六段への昇段も決定する。

(C)AbemaTV
▶第11回朝日杯将棋オープン戦 準決勝・決勝


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス