イタリアで公開「UFO内部暴露本」の真偽

まいじつ

2018/2/2 10:59


世界で初めてUFOの内部で撮影されたエイリアンだという写真が公開された。

イタリアの出版社『フライング・ディスク・プレス』が2月1日に出版する本『UFOコンタクツ・イン・イタリア』に掲載される写真が、このUFO内部のコントロールパネルや座席のようなものと、サングラスらしきものを掛けている人間そっくりのエイリアンの白黒写真だ。





同書によると、イタリアではエイリアンとの交流やアブダクション(誘拐)が頻繁に起きており、写真は1957年10月にアドリア海のイタリア南部のフランカヴィッラに着陸したUFOの内部を撮影したものだという。

著者のロベルト・ピノッティ博士は「昔、エイリアンとイタリア人が親密接触した『友情事件』というものがありました。その一環として、ふたりの男性がUFOのなかに入ることを許され、撮影したのがこれらの写真です。UFOの直径は24メートル。コックピットというかコントロール室は直径10メートルということです。撮影されたエイリアンはそのパイロットでした」と語る。

友情事件とは?


友情事件とは、1956年から1957年にかけて、アドリア海のイタリア中部にあるペスカラの住民が「我々は人類を助けたいのだ」と申し出てきた地球外知的生命体と定期的な交流を重ねた事件だという。

「そのエイリアンは地球のあちこちの地下に基地をつくり、そのなかでペスカラの基地を最も重要視していたそうです。そのため頻繁な交流があり、最後にはUFO内部まで撮らせてくれたということです」(ピノッティ博士)

写真も発言も疑わしいところがあるが、イタリアの出版社社長フィリップ・マントル氏はこう語る。

「ピノッティ博士はフィレンツェ大学で政治学と社会学を修めた、イタリアで有名なUFO研究者です。50年前に世界で最古クラスの民間UFO研究機関『セントロ・UFOロジカ・ ナショナーレ』を設立してます。イタリア国防総省が公式文書を渡すほどの人物です」

この本が世界のUFOマニアを驚かせることは確実だろう。

あなたにおすすめ