「食べこもる」宿に行く!海鮮、山の滋味が存分に味わえる“おこもり宿”4選

Walkerplus

2018/2/2 12:00

旅先の宿にこもってじっくり過ごす旅が今ブーム。温泉はもちろん、カキなどの冬グルメに日本酒、さらには感動的な絶景もそろった、この冬行ける「食べるためだけにこもる」宿をご紹介。贅沢に「自分を癒す」旅へ出かけてみよう!<※情報は関西ウォーカー(2018年1月23日発売号)より>

■ 新鮮な坂越産カキの会席を兵庫の地酒と味わう

「海のまほろば 呑海楼」は、瀬戸内海に面した料理自慢の宿。地元の魚介をふんだんに使った料理が評判で、なかでも冬は、身が大きくクセのないクリーミーな味わいの地元・坂越産のカキを使った会席が人気だ。忠臣蔵をはじめ兵庫の地酒(要別途注文)と共にぜひ味わいたい。波の音を聞きながらくつろげる、露天風呂も格別だ!

11月中旬~3月上旬に味わえる牡蠣会席。牡蠣の雪鍋や釜飯、カキフライなど全12品でボリューム満点。「もっとカキを」という人は「牡蠣の和風アヒージョ」(1300円)など追加注文も可。

蒸しガキをはじめカキの釜飯やカキフライなど、まさにカキ尽くし。カキ以外にも寒ブリをはじめとしたお造りやデザートの南瓜プリンなども付いてくる。夕食は食事処で楽しめるが、部屋食を希望の場合は要相談。

道路をはさんだ離れの露天風呂や「大岩風呂」では、「よみがえりの湯」と言われる赤穂温泉を楽しめる。美肌効果も期待でき、湯上がりツルツル。<時間:5:30~10:00、15:00~23:00>

客室は6タイプあり全室オーシャンビューで、窓から見える朝日は感動もの。

風光明媚な赤穂御崎の東南角の高台に立つ。ロビーの売店では赤穂塩などのおみやげも販売。

■海のまほろば 呑海楼<住所:兵庫県赤穂市御崎1316 電話:0791-42-6601 時間:IN15:00~、OUT~10:00 休み:不定休 料金:2人1室(2食付き)1人1万8360円~ ※別途入湯税1人150円必要 部屋数:25室 駐車場:25台(無料) JR播州赤穂駅より無料送迎バスあり(要予約)>

■ 旨味たっぷりのボタン鍋でほっこり

「おもてなしの宿 渓山閣」は、亀岡の山間の温泉郷・湯の花温泉にある宿。「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の料理部門で6年連続入選するなど、料理の味は折り紙付き。なかでも冬は自家製味噌のダシで味わうボタン鍋のコースがオススメ。赤味の旨味と脂のコクが跡引く味わいの逸品だ。

ボタン鍋の猪肉は脂身と赤身のバランスがよく、柔らかでクセもなし。肉の旨味が染み込んだ京野菜もたまらない!野菜もたっぷりで食べごたえあり!

大浴場は体の芯まで温まり肌もしっとりする弱ラジウム温泉。男湯は白を基調にした「なごみの湯」、女湯は総桧造りの「ほのかの湯」。どちらも庭園を見渡しながら入浴できる。

「一の館」「二の館」「三の館」と三館から成り、客室からは亀岡の田園風景や緑豊かな山々を望める。

周囲を山に囲まれ、まさにおこもりには絶好のロケーションだ。

■おもてなしの宿 渓山閣<住所:京都府亀岡市ひえ田野町佐伯下峠20-6 電話:0120-417-004 時間:IN15:00~、OUT~10:00 休み:なし 料金:2人1室(2食付き)1人1万5984円~ ※別途入湯税1人150円必要 部屋数:70室 駐車場:80台(無料) 交通:JR亀岡駅より無料送迎バスあり(要予約)>

■ 「幻の魚」クエを鍋などで満喫できる!

「漁火の宿シーサイド観潮」は、漁師町・雑賀崎にあり、漁港から直接仕入れる新鮮な魚介料理が自慢だ。なかでもこの時期外せないのは高級魚、クエのコース。クエの身の旨味をダイレクトに味わえる鍋をメインに、プリッとした食感とクセのないまろやかな甘味を堪能し尽くせる。宿からの眺望も抜群。

スタンダードなプランは突き出し・クエお造り・クエ鍋、クエダシの雑炊など6品。さらにクエの焼き物や天ぷらなどが付いたフルコースや、会席料理にクエ小鍋が付いたプランもある。

大浴場「ありがとうの湯」は、さらさらとした柔らかい肌触りで、美肌効果が期待できると言われる。「日本の夕陽100選」に選ばれた、雑賀崎の夕日を見ながら露天風呂でくつろごう。ほか、貸切露天風呂もあり(50分1620円)。

離れ客室 福久の間をはじめ、客室はすべてオーシャンビュー。マッサージチェア付きの部屋などもある。

■漁火の宿 シーサイド観潮<住所:和歌山市田野82 電話:073-444-0111 時間:IN15:00~、OUT~10:00 休み:不定休 料金:2人1室(2食付き)1人1万8360円~ ※別途入湯税1人150円必要 部屋数:23室 駐車場:30台(無料) 交通:JR和歌山駅、南海和歌山市駅より無料送迎バスあり(要予約)>

■ 日本唯一の“日本酒ソムリエのいる宿”

「天橋立酒鮮の宿 まるやす」のオーナーは日本酒学の講師でもある日本酒ソムリエ。新鮮素材を使った料理を、オーナーが厳選した相性ぴったりな日本酒と共に味わう贅沢なディナータイムを過ごせるのが魅力だ。館内に温泉はないので、宿から徒歩1分の「天橋立温泉 智恵の湯」を利用しよう。

夕食は3月下旬までの松葉がに&ブリしゃぶプランなど魚介を中心に、特注但馬牛22㎜プランなども。1品ずつ出され、それに合うビールや地酒(別料金)を一緒に味わえる。

飲み足りない人は、ジャズが流れる和モダンなダイニングバー「珠庵」で一杯。年間で600種の地酒を仕入れていて、焼酎も充実。オーナーの話を聞きながら飲めば旨さも倍増!

地元をはじめ、オーナーが日本各地から厳選した地酒がズラリ。

「ゴロゴロくつろぐ!」がコンセプトの客室は全6室。窓から京都丹後鉄道の列車が見える部屋もあり。

■天橋立酒鮮の宿 まるやす<住所:京都府宮津市文珠640-3 電話:0772-25-5001 時間:IN15:00~、OUT~10:00 休み:なし 料金:2人1室(2食付き)1人2万6460円~ 部屋数:6室 駐車場:30台(無料) 交通:京都丹後鉄道天橋立駅より徒歩1分>【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)

https://news.walkerplus.com/article/136126/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス