秋葉原で出会ったかわいすぎるネコたち おしゃれ猫カフェ『MOCHA 秋葉原店』

しらべぇ

2018/2/2 12:00


(©ニュースサイトしらべぇ)

世界に誇る日本の電気街、秋葉原。二次元文化やAKB48の本拠地、メイド喫茶といったさまざまなカルチャーの発信地としても知られているが、じつは意外と多くの猫カフェがある街でもある。 

■中央通りのおしゃれな猫カフェ


(©ニュースサイトしらべぇ)

秋葉原の中央通りにも、おしゃれな猫カフェが営業している。渋谷や原宿、池袋にもお店がある『MOCHA』の秋葉原店だ。

取材班のカメラに、ちょっとびっくりしたような表情を見せたのは、スコティッシュフォールドとマンチカンのミックス、ずんだくん(雄・1歳)

■見どころは1日2回のご飯タイム


(©ニュースサイトしらべぇ)

こちらの猫カフェでは、10時半と19時半の2回、猫たちが一斉にご飯を食べる時間が。それまではめいめい気ままに過ごしている猫たちが、一列に並んで夢中で食べている姿は壮観だ。

ごはんタイム以外でも、おやつ(500円)を購入するとたくさんの猫たちが集まってくる。

■子猫や珍しい種類も


(©ニュースサイトしらべぇ)

こちらは、2017年6月に生まれたスクーカムの女の子、うなぎちゃん。スクーカムは、マンチカンとラパーマを交配させて1990年代に誕生した、比較的新しい品種だ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

ベンガルのむぎちゃん(雌)も、同じく2017年6月生まれ。ヒョウ柄のワイルドなルックスで、取材時も元気いっぱいに遊んでくれた。

■個性ゆたかなネコたち


(©ニュースサイトしらべぇ)

大型の長毛種・ラグドールのこぐまちゃん(雌)は、ブルーの瞳が上品な印象。今年8月で2歳になる。

(©ニュースサイトしらべぇ)

胴が長く手足が短いマンチカンのみたらしくんは、2015年4月生まれ。他にも全部で24匹のネコたちと和むことができる。

■看板ネコはぶりちゃん


(©ニュースサイトしらべぇ)

店員さんに紹介してもらったお店の看板ネコは、ブリティッシュショートヘアのぶりちゃん。

昨年3月生まれの女の子で、抱っこされながらおすましした姿を見せてくれた(通常は、ネコのほうから膝に乗ってきた場合などを除いて、抱き上げは禁止)。

秋葉原で買い物の際、ちょっとひと休みしたくなったら、ネコと戯れてみるのもいいかもしれない。

【猫カフェMOCHA 秋葉原店】

住所:千代田区外神田4−4−3 秋葉原SILビル2F/営業時間:10:00 – 22:00(最終入店 21:30)年中無休/TEL:03-5577-5399/ごはんタイム:10:30・19:30

・合わせて読みたい→一列に並ぶ「ごはんタイム」がかわいすぎる 池袋西口・猫カフェ『MOCHA』の天使たち

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

あなたにおすすめ