最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【格安宿】大阪・心斎橋のカプセルホテル『グランドサウナ心斎橋』の設備が充実しすぎ / 漫画1万冊って寝かせる気ゼロだろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


近年、カプセルホテルが目覚ましい勢いで進化している。一昔前までは、終電を逃したオッサンたちの「最後の砦」的な存在だったが、今では清潔感があって女性も気軽に利用できる施設が増え、外国人観光客からも「日本発祥の一風変わったホテル」として人気が高い。

とくに観光地では、ホテルの値段が高い & 予約が取りづらいパターンが多いため、部屋数が多くて格安なうえ、普通にキレイなカプセルホテルは本当に “使える” と言える。というわけで今回は、大阪の繁華街・心斎橋にある『グランドサウナ心斎橋』を紹介しよう。

・なんば駅から5分
地下鉄御堂筋線「なんば駅」の25番出口から徒歩約5分の場所にある「グランドサウナ心斎橋」。筆者は24時過ぎに到着したが、フロントには10人ほどチェックイン待ちの列ができていた。年齢や性別、国籍もさまざま。終電後のこのくらいの時間帯が一番混むのかもしれない

というのも部屋数が369室あるので、当日飛び込みでも余裕でOKなのだ。カプセル利用料は1泊2900円~で、筆者は前日ネット予約で1泊3500円だった。カプセルホテルの宿泊代は「飲み会1回分」くらいと考えておけばいいだろう。

なので、嫌いな上司との飲み会なら伝家の宝刀「終電の時間」で帰るのがベターだが、「時間を気にせず飲みたい時」や「満員電車で帰りたくない時」などは、カプセルホテルを選ぶのも手なのである。

・設備の充実度は上ランク
さてさて、筆者は深夜のチェックインになってしまったので、ロッカーに荷物を預けてそのまま大浴場へ。ちなみにサウナは3種類で、露天風呂やジェットバスも有りだ。3種類のサウナを味わうほど体力が残っていないのが残念だが、露天風呂で思いっきり足を伸ばせば……おいおい、ここは天国ですかァァァアアアアッ!!

と、思わず叫びたくなるほど、風呂エリアの充実度は限りなくMAXに近い。また、休憩所には1万冊の漫画があり、ゲームコーナーやレストランも24時間営業……って、もはや寝かせる気ゼロだろ。なんなら早めにチェックインして「マンガ喫茶」的に利用するのもアリかもしれない。

・さらに安く泊まる裏ワザを紹介
そしてここで、さらに「グランドサウナ心斎橋」を安く利用する裏ワザを紹介しよう。通常、風呂から上がってスッキリしたらカプセルルームへGOというのが一般的な流れだ。しかし、「カプセル利用」ではなく「サウナ利用」で入館して、薄暗い「レストルーム」で寝れば料金はさらに安くなる。

レストルームは男性専用だが、サウナ利用「フリータイム15時間」で料金は2100円。プラス23時以降の深夜料金が600円なので合計2700円といった感じだ。チェックアウト時間を気にしなくていいので、ゆっくり過ごしたい人にはオススメである。

・女性も安心
また、女性専用個室カプセルは、いわゆる通常のカプセルとは違い、ベッド横にスペースがあるらしい。入浴はシャワーのみだがオートロック式の個室なので、設備はビジネスホテルと変わらないと言える。USJや吉本など、大阪観光の宿泊に使えるだろう。

・カプセルでグッスリ快眠
というわけで、そろそろ眠くなったのでカプセルルームへ。ササッとカーテンを下ろして寝るだけだ。フロントで貸し出ししている「VR視聴ギア」を初体験してみたいが、朝まで眠れなくなる恐れがあるため今回は我慢。清潔な布団で、ゆっくり眠ることにした。

ということで、全体的には大満足。気になった点は「7階建ての施設で利用者の数も多いため、エレベーター2基が大忙し」ってことくらい。大浴場に行くにもロッカーに行くにもカプセルに行くにも、エレベーター待ちの時間が微妙に長いのが気になった……のだが、まあそのくらいはOKだろう。

一般的なビジネスホテルより安いうえに設備も充実。専用ロッカーがあり、セキュリティも問題ナシ。さらにさらに立地も良しなので、大阪エリアで宿を探すときには、ぜひ参考にしていただきたい。カプセルホテルビギナーでもきっと満足できるハズだ。

・今回ご紹介した宿泊施設の詳細データ
店名 グランドサウナ心斎橋
住所 大阪府大阪市中央区西心斎橋2−8−12
時間 15:00~10:00(サウナ利用の方は24時間利用可能)
休日 無休

参考リンク:グランドサウナ心斎橋
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

外部リンク(ロケットニュース24)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス