最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

宝石級の輝きがこぼれる「いくら丼」を量り売りスタイルで贅沢に♪自由が丘「波の」に潜入レポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
■量り売りで好きなだけ!北海道産いくらを味わい尽くす贅沢丼ぶり/自由が丘 波の


自由が丘 波の外観


自由が丘駅から徒歩5分の場所に位置する「自由が丘 波の」。

「美味しいいくらをもっと身近なものに」という思いから生まれた、産地にこだわった海鮮丼専門店です。


自由が丘 波の店内


“海鮮丼専門店”と聞くと、お寿司屋さんのようなお堅いお店をイメージしがちですが、ウッド調の店内はまるでオシャレなカフェのよう。

お客さんのほとんどが若い女性で、週末には行列ができることも!


自由が丘 波の店内


テーブル・カウンター合わせて18席というこじんまりと可愛らしい店内は、女性でもおひとり様でも入りやすいアットホームな雰囲気です。

気になる「国産いくら丼」は、1グラムあたり16円(30g~/480円~ 10gごと)の量り売り形式。

ご飯(200円)に好きなだけ国産いくらをかけて、自分好みのオリジナルいくら丼が作れちゃうんです!「量がよく分からない…」という人も、店員さんが大体の目安や値段などを、丁寧に教えてくれるのでご安心を。

人気の高い“普通盛り”量は50グラム。50グラムでも十分なボリュームで1,000円ほどとコスパ◎ですが、キラキラ映えを狙うなら、どーんと贅沢に150グラムがおすすめ!

■美味しいものを食べたい♡そんな気持ちを満たしてくれる贅沢いくら丼!


自由が丘 波のいくら丼


こちらが、「国産いくら丼 150グラム」(2,600円)。どうですか!このあふれんばかりの光り輝くいくら!ボリューム満点すぎて、ご飯が見えません♡


自由が丘 波のいくら丼


「波の」で提供される北海道産のいくらは、粒の大きさや皮の薄さ、食感が格別。プチッとはじけて、濃厚な美味しさが口いっぱいに広がります。

そんな贅沢な味わいのいくらが「北海道で食べるより安い」というんだから、さらに驚きです!

酢飯ではなく、温かい白ご飯の上にのせているのもポイント。甘くふっくらとしたご飯が、いくらの旨味をより引き出してくれます。


自由が丘 波のいくらサーモン丼


いくら丼と並んで人気の高いメニューが「いくら&サーモン丼」(1,280円)。丸一匹を毎朝お店でさばいて提供しているというサーモンは、脂がのっているのにしつこくなく、新鮮な美味しさです。

贅沢すぎる“親子丼”はなくなり次第終了なので、気になる方は早めの来店を。


自由が丘 波の丼


その他にも、釜揚げしらすや天然マグロ、新鮮なものが仕入れられた時だけ提供されるという生うになど、こだわりの海鮮がいっぱい。友人と一緒なら、いろいろな丼ぶりを頼んでシェアするのもおすすめです。

■1,000円ぽっきり!おひとり様女子も大歓迎のお得すぎる「せんべろセット」


自由が丘 波のせんべろセット


さらに、こちらのお店でもうひとつ話題となっているのが、ドリンク最大7杯+おつまみ3品を楽しめる「せんべろセット」(1,000円)。

最初に渡される4本の棒を、ドリンク注文時に店員さんに渡します。お酒の種類によって1杯1本~2本なので、1本のお酒を注文すれば、4杯は確実に飲むことができます。この時点ですでにお得。


自由が丘 波のせんべろセット


さらに、ちんちろに挑戦して、出た目に合わせて飲める杯数が増えていきます。

ゾロ目が揃えばプラス3杯!つまり、最大7杯も飲めちゃう!ゲーム感覚で楽しめる上に、太っ腹すぎるメニューなんです。


自由が丘 波のお酒


お得なせんべろの魅力にハマり、女性一人で昼から…なんてお客さんも多いそう。海の幸と相性抜群の、日本酒の種類が豊富なのもうれしいポイントです。

■まさに海の宝石。キラキラ輝くいくらがフォトジェニックすぎ!


自由が丘 波のいくら丼


食べて飲んで、大満足の「自由が丘 波の」。忘れちゃいけないキラキラ映えも、もちろんばっちりです◎

カフェ風の店内にはオシャレな照明なども配され、思わず写真を撮りたくなります。やわらかなライトの光と、いくらのキラキラでダブルの輝き。いいねも、いつもの倍ゲットできちゃうかも!?


自由が丘 波のいくら丼


可愛らしい器を活かした「真上撮り」もおすすめ。ウッド調のテーブルのおかげで、よりフォトジェニックに。


自由が丘 波のいくら丼


「いくら&サーモン丼」は、いくらの煌めきとサーモンの艶感のコントラストをぜひ写真におさめて。ゴージャスな海鮮丼に、キラキラ加工がベストマッチ!

美しく輝く写真はタイムラインでの目立ち度200%!いち早くSNSにアップして、注目を浴びちゃいましょう。

■まとめ
本格的な味わいを楽しみながら、インスタ映えも狙えちゃう「自由が丘 波の」の絶品いくら丼。次のお休みは、キラキラ輝く宝石級のいくらを求めて、自由が丘へ出かけてみてはいかがですか?

自由が丘 波の

住所:東京都目黒区自由が丘1-3-22
電話番号:090-4394-0937
営業時間:ランチ11:30~14:30(L.O.14:00)、ディナー17:30~22:30(L.O.22:00)
定休日:なし
最寄駅:自由が丘


日笠麗奈


◆取材・執筆/日笠麗奈

ライター・モデル・イベントMC、来る仕事拒まずのなんでも屋。
お酒とアイドルとテレビが好きで、カルチャー・グルメ記事を中心にさまざまなメディアで執筆中。

※2018年2月2日の情報です。価格は税込み表示です。内容は変更になる場合があります。


外部リンク(レッツエンジョイ東京)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス