最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

山本昌が語った趣味論「分からないことがあるのが嫌なんです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●ラジコン、競馬、自転車……
1月24日にセカンドキャリアエッセイ集『笑顔の習慣34: 仕事と趣味と僕と野球』(内外出版社 1,400円税別)を発売した元中日ドラゴンズの山本昌氏。この本には現役時代のことはもちろん、50歳での現役引退後のセカンドキャリアや趣味についても余すことなく収録されている。

今回、そんな山本氏のセカンドキャリアや趣味の話題を中心に、お話を伺った。

まずは山本氏の趣味としてもっとも有名であるラジコンの話題から。インタビュー取材日の翌日、2006年のシーズンオフまで行われ、ファンの間ではもはや伝説となっている、山本氏と現役時代の同僚・山崎武司氏が主催のラジコンレース「山山杯」が2日間にわたって復活した。

■山本昌1984 年に日本大学藤沢高校からドラフト 5 位で中日ドラゴンズに入団。32 年に及ぶ現役生活で 3 度の最多勝に輝き、1994 年には沢村賞を受賞。2006 年には史上最年長でのノーヒットノーランを達成(41 歳)。以降も数々の歴代最年長記録を塗り替え、2008 年には通算 200 勝を達成(42 歳)。史上初となる 50 歳での登板を最後に、2015 年に現役を引退。セカンドキャリアでは、野球解説者・スポーツコメンテーター、講演会講師として精力的に活動。ラジコン、クワガタのブリーダー、競馬など趣味の分野でも活躍中。

○伝説の「山山杯」がついに復活!

――「山山杯」が明日に復活されます(注:インタビュー実施時。1/27、28に開催)が、復活に至った経緯を教えてください。

ラジコン界に恩返ししたいという想いからですね。なにが恩返しかと考えたときに、やはりレースを開催するのが良いなと。サーキットでは皆が楽しくやっていますし、レースで走らせるのが一番の楽しみですから。これからも山崎と二人で、定期的に開催していくんじゃないかなと思います。また、今回からはチャリティもやっていて、ラジコンの有名選手にも協力して頂いてオークションを行い、そこでの収益を寄付しようと考えてます。あとは参加者の方にもマシーンを壊したら100円のチャリティをしてくださいと、任意ではありますが、お願いしています(笑)。

――山本さんといえば、競馬もお好きとのことですが、なにがきっかけでのめり込むようになったのでしょうか。

ゲームの『ダービースタリオン』からですね。93年のキャンプで部屋の後輩が持ってきたんですよ。当時は競馬を全然知らなかったんですが、面白いじゃんと思ってやり始めたら、「ダビスタ」にハマり、競馬も好きなりました。

――競馬好きですと、やはり馬券を買うのでしょうか。おすすめする買い方などはありますか。

馬券は現役を引退する4、5年前から買うようになりましたね。「ダビスタ」をやっていたこともあり、血統を見るのも好きです。あとは自分はとあるクラブに出資しているので、そこの出資馬が走るのが楽しいですね。
○馬主への思い「今後どう変わるかは分からない」

――野球界ではかつて横浜ベイスターズで活躍した佐々木主浩氏が、馬主として数度G1を制しています。山本さんも将来的には馬主になりたいという夢をお持ちなのでしょうか。

もちろん可能性がないわけではないです。野球界でいうと、三浦大輔君(元横浜ベイスターズ)も馬主ですね。ただ、今はクラブに出資していて楽しいですし、現状はこのくらいでもいいかなというのはあります。でも馬主になってやってみたいという気持ちもあるので、今後どこでどう変わってくは分かりませんけどね。

――山本さんといえば、競馬のほかにも様々な趣味をお持ちです。かつてインタビューで「最近は自転車に興味を持っている」という趣旨の発言をされていましたが、最近は自転車に乗られていますか。

はい、今も漕いでいますよ! 現役引退してちょっと運動が不足してるし、いい趣味だなと。家に夜いるときは毎日サイクリングに行ってますね。結構すごい自転車をフル装備で使わせてもってますので、もはやレーサーですね(笑)。

●多趣味な山本昌、その原動力は?
――山本さんのどの趣味にも共通していることだと思いますが、かなりひとつの趣味を掘り下げて探求している印象を受けます。その原動力はどこからくるものなのでしょうか。

自分は調べるのが好きなので、一回やるといろいろ調べて、という感じでやってます。自分の好きな分野、興味のある分野で分からないことがあるのが嫌なんですよ。逆に興味ないものは本当知らないです。だから道徳的なものもポンッと抜けてるときがあるんです、意外とね(笑)。だからクイズ番組とか見てても、すごく最難関なマニアックな問題が分かるのに、全然簡単な問題が分からないことがあったり。そういう歪な部分はあると思います(笑)。
○趣味の上達に必要なことは「継続」

――特にラジコンでは、2002年に全日本選手権で4位入賞するなど、結果も出しています。趣味を上達させるために必要なことはなんなのでしょうか。

続けることじゃないですかね。続けてやってないと新たな発見もありませんし、積み重ねていくうちに知識も増え、できるようになると思うので。ラジコンなんかでも、やっぱりマシンに触ってないと駄目ですしね。

――50歳まで現役を続けた山本さんがおっしゃると、特に説得力がありますね。

――ラジコンに競馬、自転車……様々な趣味をお持ちなうえに、最近は解説や講演会などのお仕事もお忙しいそうです。趣味に費やすお時間はあるのですか。また忙しい中で、仕事と趣味との両立のコツがあれば教えてください。

時間はないね、あんまり(笑)。毎日ラジコンだけやればもっと上手くなるでしょうけど、そういうわけにもいかないですからね。趣味というのは仕事ではないので、やれる範囲でどう効率よくやるかだと思っています。やっぱりやるべきことの順位付けは必要ですし、仕事あっての趣味なので、そこが逆転しては駄目だなと。自分が駄目だと思ったら趣味はやりません。

――確かに山本さんは現役時代の晩年、趣味のラジコンを封印したことがありましたね。

あれもまずは野球をしっかりしなきゃという考えからですね。若いころは野球しながらラジコンをやっても負担にならなかったけど、年齢を重ねて負担になるかもしれないと思ったので、辞めたんです。

●解説業で気を付けていること
○『NEWS ZERO』は「生活の中で一番緊張」

――セカンドキャリアについてもお聞かせください。発売した著書『笑顔の習慣34: 仕事と趣味と僕と野球』の中で、山本さんが野球解説者を務めるニュース番組『NEWS ZERO』の話題が出てきます。改めて『NEWS ZERO』がご自身にとってどういう存在なのか、お聞かせください。

『NEWS ZERO』に出演しているから、野球解説者としてスキルアップできている部分があると思います。そのためか、何回出演しても緊張します。自分の生活の中で一番緊張してますね。

『笑顔の習慣34: 仕事と趣味と僕と野球』

――『NEWS ZERO』で解説をするうえで、意識している点はありますか。

まずやっぱり、一番気を付けているのは分かりやすく伝えたいということですね。専門用語で伝えるのではなく、聞いている方が分かるような解説を心がけています。それと「こう思います」とか、私自身の言葉で話すようにしています。他の仕事がないときは日本テレビのスポーツ部に行ってみんなで試合を見て、「ここがポイントだよ」とか「こう思う」とか、そういう会話には参加していますね。

――『NEWS ZERO』以外でも山本さんは解説を務めることもありますし、バラエティ番組などへの出演も多いですよね。メディアで発言をするうえで、気を付けていることはありますか。

私はフィールドに立っている選手の先輩なんだから、年上なんだから、という言い方はしないようにしています。具体的には選手を呼び捨てにするのではなく、選手・コーチ・監督といった呼び名をなんか付けて発言しますね。たまにドラゴンズの番組などでは、後輩を名字だけで呼ぶこともありますが、他球団の選手に関してはないですね。
○後輩を呼び捨てしない理由

――なるほど、後輩の選手にも呼び捨てで発言することはないんですね。

彼らがいるからこそ、自分が解説という仕事をやらせてもらっている思いもありますからね。

――今回発売された著書の中では、「引退後、新たな発見が次々と出てきて、野球がまた面白くなってきた」とも書かれていました。

本当に今でも発見はありますよ。現場にいる時よりも、いろんな方向から野球を見るようになりましたね。選手時代は自分がどう調子を上げようとか、あの投手は調子良いな悪いなだけだったのが、どういうタイミングで交代するのかとか、どういう展開になったらサインが出るのかなど、色んなことを見ながら勉強させていただいていますね。

34の山本氏のエピソードが収録されているセカンドキャリアエッセイ集『笑顔の習慣34: 仕事と趣味と僕と野球』は好評発売中!元中日ドラゴンズ投手で、全日本選手権4位入賞経験を持つラジコンなど、多彩な趣味を持つ人物としても知られる山本昌氏(野球解説者)が、充実したセカンドキャリアを送るために自身が実践する「笑顔の習慣」を34のエピソードとともに綴るセカンドキャリアエッセイ集。現在、プロ野球解説者としてメディアから引っ張りだこの山本昌氏。ところが50歳での現役引退後に始まったセカンドキャリアは「不安だらけの立ち上がり」だったと振り返る。山本氏はその不安をトレードマークの「笑顔」で克服。現役時代同様、仕事や趣味に悪戦苦闘しながら一瞬一瞬を楽しみ抜くことが、生来のマイナス思考から抜け出す原動力になったと語る。本書では、本業の野球や趣味のラジコン・昆虫採集・三国志など、「仕事」と「趣味」に対する山本氏独自の視点が網羅されるほか、故・星野仙一監督とのエピソードも紹介。趣味の達人として知られる球界の“レジェンド”が、定年退職後の時間の使い方、転職による環境の変化など、人生の転機に不安を抱える読者に「楽しいセカンドキャリア」を実現するためのコツを指南する。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス