最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『隣の家族は青く見える』妊活中の妻を思いやる松ケンの行動に「こんな旦那がほしい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 深田恭子が主演するドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第3話が1日に放送された。妊活がうまくいかず、イライラが募り、情緒不安定になる奈々(深田)に優しい言葉をかけ、励ます夫・大器(松山ケンイチ)の姿に、SNSには「こんな夫婦になりたい。こんな旦那さんがほしい」「素敵すぎる夫婦。あんなに想い合える夫婦になりたい!」と憧れの声が集まった。

【写真】「深田恭子」フォトギャラリー

奈々と、その夫・大器夫婦を中心に、コーポラティブハウスに住む家族たちの葛藤と成長をハートフルに描く本ドラマ。第3話では、それぞれの家族の問題がさらに発展していく。朔(北村匠海)と渉(眞島秀和)がキスしている現場を目撃してしまった奈々。朔は、奈々に渉との関係を打ち明け、誰にも言わないでほしいと頼む。一方、事情を知らない大器は、奈々と朔が接近していることが気になって仕方ない。その頃、亮司(平山浩行)は、元妻が急死したため、息子の亮太(和田庵)に会いに行ったことをちひろ(高橋メアリージュン)に話し、亮太を引き取ってこの家で一緒に暮らしたいと告げるのだった。

放送終了後、ネットでは「松ケンかっこいいこんな旦那さんがいいな」「松ケン氏毎回可愛いを更新してるよー!ってドラマ出るたび思ってる」「回が増すごとに松ケンのイケメン可愛さがアップしてる。目が良いんだよね~。あんな奥さん思いの旦那さんが欲しい」と松山を絶賛する声が相次いだ。

また、妊活がうまくいかず、なかなか赤ちゃんを授かることができない奈々が、義理の妹・琴音(伊藤沙莉)の胎動を喜べなかったことから自己嫌悪に陥るシーンでは、「不妊治療してたから気持ちが痛いほど分かる」「気持ちがすごいわかって泣けた…これはほんと妊娠関係でトラブルあった人にしかわからない気持ちだと思う…」と、不妊治療を経験した視聴者から、共感の声が集まった。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス