「欠点だらけの刑事」小日向文世の欠点は『とにかく行動範囲が狭いこと!』

2月4日(日)朝10時より、テレビ朝日系の“日曜ワイド”枠で小日向文世が初主演の新作「欠点だらけの刑事」を放送する。

同作の主人公・百野冬美男(小日向)は、自分の決めたルールを破ることができない、不器用な男。凄腕の名刑事だが、変わり者であるがゆえ、これまで単独行動を認められてきた百野に、ある日突然、大ざっぱな性格の刑事・万城目千鶴(森口瑤子)とコンビを組むよう命じられる。全く性格の合わない凸凹コンビが、有名スイーツプロデューサーの周辺で起きた殺人事件の謎に挑む。

そんな“欠点だらけ”の百野を演じる小日向は「これまで2時間ドラマの刑事役はいろいろ演じてきましたが、これだけ人間と交わるのが苦手な男は初めてです。百野の個性が台本にしっかり描かれていたので役作りの苦労は少なかったですが、セリフが独特で、しかもセリフ量が多かったので大変でした。

ちょうど舞台の仕事が終わった直後の撮影だったので、心身共に疲労のピークの中、よく乗り切ったなと思います」と撮影を振り返った。

欠点を聞くと「とにかく行動範囲が狭いこと! 家族サービスが、すべてウチの中なんです。女性から見たら、僕は面白味のない男だと思うなぁ」と苦笑い。

記憶力抜群の百野は、作中で自身のトラウマとなった小学生時代の出来事を「一生涯、心に深く刻まれる傷となった…」と語るのがクセだが、小日向に過去のトラウマを聞くと「高校1年の夏、好きな女の子ができて告白しようか迷っているときに『アイツ、おまえのこと好きだよ』と友達が言ったんです。

それで自信を持って告白したら一発でフラれてしまい、ショックで学校を早退して帰ったんです。帰る途中、後ろを振り返ったら小さな犬が付いてきていて、家まで付いて来たんですよ。

なんだか、ものすごく心が通じ合っているような気がしました。あの犬との出会いはなんだったんだろう…と今でも忘れられません」と不思議な失恋エピソードを明かしてくれた。

最後に「今までいろいろな役をやらせていただいてきた僕が、演じたことのない新たなキャラクターに出会いました。百野という男を気に入っていただけるとうれしいです。ぜひ放送をお楽しみに!」とコメントを寄せた。

■ 「欠点だらけの刑事」あらすじ

百野冬美男(小日向)はすご腕の刑事だが、自分が決めたルールを破ることができない、不器用な男。別れた妻・紗代(西尾まり)と、その再婚相手の橋本岳太郎(大谷亮介)が営む鍋料理店の2階に住んでいる。

変わり者過ぎてこれまで単独行動を認められていたが、年下の上司・九十九健作(林家正蔵)から、生活安全課出身の刑事・万城目千鶴(森口瑤子)とペアを組むよう命じられる。

大ざっぱな肝っ玉母さん的な性格の千鶴に百野はイライラするが、千鶴もまた、細かいところにこだわる百野に早くもへきえきする。

その矢先、洋菓子のプロデュース会社を営む天野陶子(高橋惠子)のセミナー会場の楽屋で、彼女の部下・坂本菜摘(芳野友美)が殺害される。

第一発見者の秘書・武山沙織(土居志央梨)は事件直前、陶子の夫・翔平(比留間由哲)と菜摘が抱き合っているところを見たと証言する。なんと、翔平は社員の飯塚妙子(海老瀬はな)とも不倫関係にあるらしい。

だが、百野は突然、沙織がうそをついていると言い出す。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/136066/

あなたにおすすめ