最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

橋本マナミがお色気たっぷりに地元愛を猛烈アピール!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サンドウィッチマンがMCを務める「スマホで自撮り 芸能人ご当地愛バトル」(MBS/TBS系)が、2月3日(土)の昼2時から放送。橋本マナミが、地元の魅力を存分に紹介するため、温泉入浴リポートする姿などを披露した。

「地元愛では誰にも負けない!」「もっと地元を盛り上げたい!」と願う芸能人たちが、地元の魅力をスマートフォンで取材し、スタジオでプレゼンバトルを展開。わが町、わが村を背負い、100%本人発の情報に基づき、行きつけのお店や遊べるスポットを、スマホと自撮り棒を駆使して徹底取材していく。

今回のプレゼンターは、山形市出身の橋本、長野・下條村出身の峰竜太、沖縄・宜野湾市出身のりゅうちぇるの3人。

橋本は、子供の頃から通う定食屋の焼きそばと餃子や、特別な日に家族と食べる“超お得”最高級山形牛を紹介。さらに、絶景スキーと雪見温泉を紹介するため、入浴しながら撮影する体当たりな取材も敢行した。

一方、長野県観光大使・峰は薬味手打ちそばや思い出のパワースポットなどを“村長ばり”に宣伝。りゅうちぇるは「食べると3日は笑顔になる」という“超穴場”いきつけ激うまチキンの丸焼きや、沖縄おすすめ遊びスポット、「オーラがやばい」と自信を持つ“インスタ映え”巨大スイーツなど、若者らしい目線で地元の魅力に迫る。

■ 須田亜香里ら審査員が判定

さらに、スタジオでは京都・舞鶴市出身のギャル曽根と北海道・旭川市出身の杉村太蔵による、ズワイガニVSタラバガニの“地元カニ対決”がぼっ発。それぞれの知られざる“カニうんちく”はもちろん、口いっぱいに身をほおばっての味自慢まで、互いに一歩も譲らぬ大バトルでスタジオを騒然とさせる。

そんな勝負を見守るのは、ゲスト審査員の愛知・名古屋市出身の須田亜香里を含む、全国47都道府県出身のスタジオ観覧者47人。「一番行きたいご当地」「食べたいカニ」を査定していく。

■ サンドウィッチマン「すごかった」

収録を終えた伊達みきおは「やっていてすごく面白い番組でした。隠れた名品とかグルメとか、知られていないような観光地は山ほどあるんだなと。一番びっくりしたのは、峰さんの下條村。もう“峰竜太村”にすればいいんじゃないって(笑)。あれはすごかったなぁ」と振り返った。

また、「(実際に)行った気になるぐらい楽しめると思います。同じ東北人としては山形に頑張ってほしいと思いました。俺らも今度、宮城代表で何かやりたいな」と番組をPRしつつ、ロケ参加を希望した。

富澤たけしも「橋本さんの(紹介した)山形は、全然山形っぽさがないのに、ああいう中華とか焼きそばとか餃子とか、スマホの画像も良くて、普通に食いたくなりました。皆さんご当地愛が強いですが、この番組で負けると、地元に帰るのはなかなか大変だろうなって。前半の自撮りロケ対決も面白かったですが、最後のカニ対決も面白かったので、ぜひ見てほしい(笑)」と番組の面白さをアピールした。

ネットやガイド誌では知ることのできない“超ローカル情報”、ご当地芸能人だから取材できた“初出し情報”など、掘り出し物の地元情報に注目だ。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/136074/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス