最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「わろてんか」101話。広瀬アリス「何言ってるか聞き取られへん」厳しく指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月~土 朝8時~、BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~)
第18週「女興行師てん」第101回 2月1日(木)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:本木一博


101話はこんな話
栞(高橋一生)が、相方候補として、映画の楽士をやっていた四郎(松尾諭)を紹介するが、リリコ(広瀬アリス)は気に入らない。

もしも四郎がイケメンだったら
101回は、リリコと四郎の対立を軸に、なかなか含蓄のある内容だった。

「伊能はんの紹介ならきっとええ男はんですやろなあ」と、やってくる楽士に期待に胸高鳴らせる女たち(てん、トキ、楓、歌子。リリコだけは相変わらず仏頂面)。
だが、おずおずと入ってきた四郎を見て、女たちの顔がたちまち曇る。
楓(岡本玲)はメガネを光らせながら「北村笑店は失業者の受け皿ではありません」と正論めいたことを言うが、それは建前で、本心は、四郎がええ男じゃないからってことだろう。
ところが、試しに「チャルダッシュ」(浅田真央のフリー演技で知っている人も多そうな曲)をアコーディオンで披露すると、むさ苦しい容貌とは違った鮮やかな演奏に、たちまち女たちは熱狂する。
「美男は3日で飽きるというけれど音楽の感動は一生もんや」と楓もあっという間に考えを翻した。
才能でねじ伏せることができて良かったけれど、もし、四郎がイケメンだったら最初からウェルカムだったのだろう。

実演を見てもなお、きつくノーを突きつけたのは、リリコだけ。
「なんやそのもごもごした口 高座やったら何言ってるか聞き取られへん」と手厳しい。

これは、「わろてんか」の亡くなったあの人に対して、視聴者がさんざん指摘していたことではないか。
1月19日放送の90回後の「あさイチ」における松坂桃李の震える発声話に続いて、転んでもただでは起きない意思の現れ。ドラマのネタにしっかり使う、まさに「損して得取れ」の精神だ。すばらしい。

芸に厳しいリリコ
リリコに「なんべんもずれてた音あったわ」と指摘され、四郎の顔色が変わった。
ここは、顔の美醜を超えた、技術者同士の勝負というぴりっと辛い雰囲気だ。

数日後、栞とてんの共謀により、もう一度、四郎とリリコが会ったとき、
「なんやちゃんとしゃべれるんやな」と嫌味をまた言うリリコ(これも、あの御方のことを思わせる)。

有り金全部はたいて修理したアコーディオンで(だから2日飯を食ってないのかも)、前以上に見事な演奏をして、これで解決かとおもいきや・・・
「ちょっとくらい音はずしてもシロウトのお客さんだったら気づかれないと思ってやっとったあんたの態度が許されへんねん」とリリコは四郎のプライドをずたずたにする。

女義太夫としても、映画女優としてもスターだったリリコは、美人であるだけでなく、かなり芸に厳しいようだ。
一方、四郎は、クラシックの道を目指しながらも、お金にならないので仕方なく、楽士をやっていた。だから、少しだけ仕事を舐めていたのだろう。そんな彼の心にリリコが火をつけるのか。
ここはしっかり描いて、見ごたえあるものにしてほしい。

楓が本来のキャラを発揮
前述の「美男は3日で飽きるというけれど音楽の感動は一生もんや」は本来、男が女の顔について語りがちな言葉を、女側からひっくり返して溜飲を下げる台詞だった。
万歳コンテストのライバルである、キース(大野拓朗)とアサリ(前野朋哉)に「それに おなごに負けてたりしたらえらい笑いもんやさかいな」と言われたときも、「お客さんに笑うてもらうのに男もおなごも関係あらしまへん」と返す。

もともと、与謝野晶子の歌にあこがれて文学を目指しただけあって、男に頼らず、自立するべきという考えをもっているであろう楓との対比なのか、おトキ(徳永えり)がご飯を作っている場面が挿入される。
おトキが家事で手一杯(でもただもやしを炒めているだけみたいなんだが)のところ、飛鳥(森本くるみ)がかまってほしそうにやってきて、育児と家事の両立は大変みたいな場面。
おもちゃで遊ぶカメラ目線の飛鳥ちゃんは、サービスカット?

新喜劇ちっくな展開に
リリコと四郎のマッチングがうまくいかず、困ったなあ~と思っていると、「この亀井 ひさしぶりに 本気だしますわ!」と亀井(内場勝則)が手を差し伸べる。
そして、今一度、集まる一同。
リリコも四郎も、断る気なら呼ばれても来ないと思うんだが、なぜか来るのが、ドラマである。

支度金に手を出しかけ、リリコに睨まれて、引っ込める四郎。
そこで、泣き出す亀井。
泣き落とし作戦で、「泣いたらアカン!」と大騒ぎ。
合わせて、楓もてんもトキもおいおい泣く。
吉本新喜劇のような流れで、「その大仏と組んだらええんやろ」とリリコは観念する。
亀井のウインク(98話の栞に続いて今週ふたりめのウインク)を合図に、「おおきにな!」とてんが素早く丸め込む。みごとなチームプレーだった。

マイネオのCMで、真面目な顔からにっこり笑う切り替えの速さを見せている葵わかなは、切り替え芸がうまいのだから、藤井隆のように、これからはもっとそっち系を伸ばしていってもいいのではないか。
(木俣冬)

外部リンク(エキレビ!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス