最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

まるで小さな太陽、前向きになれる「赤い実と花のアレンジ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ボタニカル」=「植物」の力でキレイと元気を磨くをコンセプトにお届けしている、TOKYO FMの番組「NOEVIR BOTANICAL LIFE」

2月2日(金)の放送では、赤い花や実を贅沢に使ったおすすめのアレンジを紹介しました。



お部屋の中の小さな太陽、赤い実のリース
1年で最も寒さが厳しくなる2月は、心も身体も後ろ向きになりがちです。太陽をイメージし、赤い花や実のボタニカルアレンジで元気をもらいましょう。生命力を感じさせる赤い色は、勇気や行動力、気力を取り戻してくれます。

水をかえる手間もなく、長く楽しめるのが、ドライな実もののリースです。壁にかけたり、机の上に小物と一緒に飾ったり。この時期に手に入れることができるのは、クリスマスでもおなじみの真っ赤な実のサンキライ、小粒でかわいいピンクペッパーなど。赤やピンクのグラデーションは、クリスマスのリースとはひと味違う雰囲気です。赤とピンクの中に少し黄色がかったバラの実も入れると、薄いオレンジが春の雰囲気を感じさせてくれます。赤やピンクは緑との相性もよいので、ユーカリなど緑の葉ものを加えるのもおすすめです。



この時期は実ものを店頭に用意しているフラワーショップは限られるかもしれません。お店の方にリースの大きさや色あい、イメージを伝えて、あらかじめ用意してもらうようにすると、色や形など質のいいものを揃えることができますよ。

思いきって贅沢に、赤い花のアレンジを
春の花も揃い始める2月は、赤い花が手に入れやすい季節です。深紅のバラに、ボルドーダリア、そして早春の花ラナンキュラス。球根の園芸種としても人気がありますが、花弁が幾重にも重り、色もピンクから赤、紫がかったものまで豊富に揃っています。赤のラナンキュラスの花言葉は「あなたは魅力的」、ピンクは「飾らない美しさ」、紫は「幸福」。気持ちを前向きにし、日持ちもする魅力的な花です。



また、アレンジにチューリップをつぼみの状態で入れておくと、時間の経過とともに花が咲き、変化が楽しめます。ちょっと贅沢かなと思っても、たくさんの種類の花を入れておくことで、自然のお花畑のような花との出会いや新発見を楽しむことができますよ。

TOKYO FM「クロノス」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしを紹介する「NOEVIR BOTANICAL LIFE」をオンエア。次回2月9日(金)の放送では、「おしゃれでおいしい日本茶」を紹介します。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。2月3日(土)は作家・ドイツ文学者の中野京子さんを迎えてお届けします。どうぞ、お聴き逃しなく。


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年2月10日(土)AM 4:59 まで
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NOEVIR BOTANICAL LIFE
放送日時 :毎週金曜8:38~8:43
ナビゲーター:高橋万里恵
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/botanical/

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス