最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ドン・レオ・ジョナサン 天才レスラーは“記憶”のなかの映像――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第9話>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


“記録”ではなく“記憶”に残るレスラーということになるのだろう。天才タイプのアスリートと評された。

父親のブラザー・ジョナサンは1930年代から1950年代にかけて活躍したプロレスラーで、モルモン教の牧師でもあったことから“ブラザー”をリングネームにしていたといわれる。

ジョナサンは少年時代から父親にレスリングの手ほどきを受け、1949年に18歳でプロレスラーとしてデビュー。デビューからわずか1年でルー・テーズのNWA世界ヘビー級王座に挑戦(1950年7月=シカゴ)しているから、やはり超大型ルーキーだった。

身長については6フィート5インチ(約195センチ)、あるいは6フィート7インチ(約201センチ)と資料によってばらつきがあるが、いわゆる巨人タイプではなく、ひじょうにバランスのいい体つきだった。

スーパーヘビー級の体格とはうらはらに瞬発力、跳躍力に優れ、スタンディング・ドロップキック、フライング・ヘッドシザース、ニップアップ(グラウンドの体勢から腰と両脚のバネを使ってポンッと跳ね起きるムーブ)、前方回転式のサマーソルト・ドロップといった“軽業”を好んで使った。

あのエルビス・プレスリーよりも先に“もみあげsideburns”を伸ばしていたとされるが、真偽のほどはわからない。

ベビーフェースもヒールも器用にこなせるタイプだったが、あまりのも万能選手すぎるところが欠点といえば欠点だった。

1950年代はモントリオール(エディ・クィンEddie Quinn派)、トロント(フランク・タニーFrank Tnney派)の東カナダ・エリアを長期間サーキットし、モントリオールAWA世界ヘビー級王座(2回)、カナディアン・オープン・タッグ王座(パートナーはジン・キニスキー)といったローカル版のトップ・タイトルを獲得。

ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデン定期戦にもセミ・レギュラーとして出場し、1957年にはシカゴ、セントルイス、ヒューストン、ダラスといった人気マーケットでルー・テーズのNWA世界王座に連続挑戦した。

初来日は1958年(昭和33年)で、力道山のインターナショナル王座に2度挑戦。

それから12年後の1970年(昭和45年)、日本プロレスの『第12回ワールド・リーグ戦』に出場。ジャイアント馬場と同リーグ戦・決勝戦を争った(ドロップキックをかわされたジョナサンが股間をトップロープに強打してフォール負け)。

対戦相手を背中合わせで頭上高く抱え上げてそのままの体勢で豪快に振りまわすフィニッシュ技は、日本ではハイジャック・バックブリーカーと命名された。赤軍派による“よど号乗っ取り事件”が起きた年で、“ハイジャック”は流行語だった。

1972年(昭和47年)3月には国際プロレスの『第4回IWAワールド・シリーズ』に参加し、ここでモンスター・ロシモフこと若き日のアンドレ・ザ・ジャイアントとのシングルマッチが実現した。

この試合は同年5月にカナダ・モントリオールに逆輸入され、“バトル・オブ・ザ・ジャイアンツ=巨人たちの闘い”としてモントリオールのプロレス史に残るスーパー・カードとなった(ジョナサンの反則勝ち)。

ジョナサンは41歳。ロシモフ(モントリオールでのリングネームはジーン・フェレJean Ferre)はまだ26歳の若手だった。ロシモフがアンドレ・ザ・ジャイアントに改名し、全米ツアーをスタートするのはこの翌年のことだ。

31年間の現役生活でNWA主要エリア、ロサンゼルスWWA、カナダ全域、AWAエリアなどを長期ツアーし、どのテリトリーでもつねにメインイベンターのポジションにあったが、ジョナサンがなぜNWA世界ヘビー級王者になれなかったかはプロレス史の七不思議のひとつとされている。

1961年、ドクターⅩ(ビル・ミラー)を下してオマハ版AWA世界王座を奪取。1975年には南アフリカ共和国でヤン・ウィルキンスを下し世界スーパーヘビー級王座、ヨーロッパではEWU世界ヘビー級王座、CWA世界ヘビー級王座を獲得したが、いずれも短期間で“返品”した。

現役選手としての最後の試合は、アンドレ、ロディ・パイパーとトリオを結成して“プレイボーイ”バディ・ローズ&シープハーダーズ(ブッチ・ミラー&ルーク・ウィリアムス)と対戦した6人タッグマッチだった(1980年3月10日=カナダ・バンクーバー)。

●PROFILE:ドン・レオ・ジョナサン Don Leo Jonathan

1931年4月29日、ユタ州ハリケーン出身(ソルトレークシティー近郊)。本名ドン・ヒートン。1949年から1980年まで31年間、現役で活躍。1963年からはカナダ・バンクーバーに定住。日本でのニックネームは“人間台風”。70年代ファッションの太いもみ上げがトレードマークだった。国際プロレス(ストロング小林とのシングルマッチ)、全日本プロレス(1975年の『オープン選手権』、1978年の『第6回チャンピオン・カーニバル』)での試合はYouTubeで発見することができる。引退後はバンクーバーでダイビング・ショップを経営。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス