【試写室】「ホリデイラブ」“魔性と狂気”の波状攻撃に白旗

唐突だが、他人の色恋沙汰ほどどうでもいい話題はない。

学生時代など、「B組の誰それくんがA組の何それちゃんのことが好きらしいよ」といった話題が連日繰り広げられていたが、「フンフン」と聞きながらも、心の中ではだからどうした?でいっぱいだった。

いや、別に色恋沙汰の当事者じゃなかったから悔しくて言っているのではなく。というと言い訳がましいが。

それもあってか、昨今の次から次へと飛び出す不倫報道や熱愛報道などの色恋沙汰は、正直もうおなかいっぱい。あとは若いもんに任せましょうよ、と思う所存だ。まあ若いもんとは限らないか。

でも、それは現実世界の話。フィクションの世界であれば話は別で、何も考えずに見られる色恋沙汰は楽しくて仕方ない。特にドロドロならドロドロなほど燃えるし、ついつい引きこまれる。

ましてや、“魔性の女”はいつの時代も魅力的に映る。そんな“魔性の女”が第1話からその魅力を全開にさせた作品が今回取り上げるドラマだ。

各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。

今回は、2月2日(金)放送の金曜ナイトドラマ「ホリデイラブ」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)第2話を取り上げる。

浮気されてしまった妻・杏寿(仲里依紗)を主人公に据え、“正妻と夫婦愛の正義”を描く同ドラマ。これまで不倫を題材にした作品は、身にならぬ恋ゆえに甘美で切ない純愛として描かれることが多かったが、本作では夫に浮気されてしまった妻側を主人公に据え、純愛ラブストーリーとして描いていく。

不倫という“日常に潜むわな”をサスペンスフルに描写しながら、“正妻と夫婦愛の正義”や試練の末に“本当の意味でのパートナー”として成長していく夫婦の物語だ。

2月2日(金)の第2話は、ずっと信じ続けてきた夫・純平(塚本高史)が浮気をしていたという、これ以上ない裏切りに、杏寿(仲)の心はひどく傷つけられる。

事の経緯を説明し、「やり直したい」と必死に許しを請う純平。だが、杏寿には到底受け入れることができない。

「私たち…もう終わりよ。二度とこの家に帰って来ないで」と杏寿に突き放され、何よりも大切なものを台無しにしてしまったことを痛感した純平は、自らの愚かさにあきれながら、家を出ていく。

その頃、純平の浮気相手・井筒里奈(松本まりか)の家庭にも、不穏な空気が流れ始める。自宅不倫現場を目撃して激高した夫・渡(中村倫也)が、里奈のことを「汚い女だ」などと罵って威圧し、完全なる支配下に置こうと画策。

純平にも会社をすぐ辞めて街を出るよう要求し、どこまでも執拗(しつよう)に追い詰めていく! そんな中、不倫関係を清算しようとする純平に、里奈がドキッとするような言葉を投げ掛ける。

一方、迷いを覚えながらも、離婚へ向けて進み出す杏寿。そんな彼女に思わぬ出会いが訪れる。スピリチュアルアプリで一度やりとりをした経営者・黒井由伸(山田裕貴)が、目の前に現れたのだ。黒井は杏寿に好意を持ち、積極的に距離を縮めようとするが…というストーリー。

■ 独断と偏見のレビュー

「不機嫌な果実」(2016年ほか)、「奪い愛、冬」(2017年)と、テレ朝“金曜ナイトドラマ×不倫モノ=鉄板”という近年の黄金パターン通り、第1話を見て、これも回を重ねるごとにじわじわくるドラマだろうなと思ったが、第2話を一足先に見て、その思いがさらに強まった。

なぜかって? 何しろキャラクターがみんな、濃ゆ~いのだよワトソンくん。

最近では「黒革の手帖」(2017年、テレビ朝日系)で狂気に満ちた“主人公の敵”を好演した仲が、今回は旦那に浮気されてしまう切ない“サレ妻”に。割と普通のいい主婦だったのが、浮気されたことによって彼女の中の魔性なのか、何かが覚醒していくのが何となく2話を見ると感じられ、底知れぬ恐怖と哀しみを覚えた。

そもそもこんないい奥さん&子供がいたら、普通に考えて浮気なんてしている場合じゃないだろうに。私だったら一目散に家に帰るでしょうよ。って、取らぬ狸の皮算用か…。でも、深夜2時に帰宅して「ねえ、帰んの早くない?」って毎日言われる身になってみ? 何の話だ。

早速脱線したが、夫の純平役の塚本のハマリっぷりは何なんだ。何の悪意もなく言わせてもらうと、浮気して奥さんに三行半を突き付けられそうな雰囲気を出すのが絶妙にうまい。

だまっていればイケメン路線を突っ走れるルックスなのだが、不思議なお人だ。それに女性目線で言うと、「ちょっとあの人、反省してるの?」と言いたくなるくらい、浮気を謝っているはずなのに、開き直っているような印象すら受ける語り口。

そこもまた、この役を演じるに当たってはこの上ない彼のアピールポイントだろう。

そして何を隠そう、個人的に昔から好きな女優さんだった松本まりかの魔性の女っぷりったらもう、あかん。どの作品の何が好きだったか?って言われると即答しかねるが、そういうことじゃなくて、「あの同僚の子、美人だな。ああ、松本まりかか…納得」というシチュエーションが多々あり、ずっと気になっていた。

それが今回は、主役級の活躍ぶり。第1話のラブシーンなんか、セクシー過ぎて直視できなかった。何より声が魅力的。あの声で囁かれたら…と思うと、正直理性を保てる自信はないって殿方が多々おられるのではあるまいか。

それに第2話で、家を追い出されたと純平が告げたときの顔! ビックリしているようなリアクションを取っていたが、明らかにほくそえんでいるというか、喜びを我慢しているように見えた。口元を隠しても、目を見ればそれは明らか。「魔性の女・オブ・ザイヤー2018」に早くもノミネート決定だ。

その夫を演じる中村倫也。これもまたクセがすごい。誰がどう見てもインテリエリートなビジュアルで、冷静に妻の浮気をリポートしたかと思えば、純平に暴行を加え、妻にも暴言を吐く。

被害者ではあるものの、こういうタイプが一番怖いし、やっかいだ。妻を「汚い女」と罵った後、嫌なことを思い出してしまって荒れ狂うあたりは人間味があって、ちょっぴり同情したが…クマのぬいぐるみをいじめるのはやめて!

ぬいぐるみに暴力を振るうのはネネちゃんのママ(by「クレヨンしんちゃん」)だけで十分だ。さておき、サレ夫の今後もやや同情しながら見ていきたい。

さらにもう1人魔性の女がいる。壇蜜演じる謎の女・麗華だ。スピリチュアルな世界に通じる霊的能力の高い女性で、杏寿のネイルサロンにやってきた客だそうだが、この人も個性的。どこか浮世離れしており、なぜか杏寿のことは何でも御見通し。

普段から何もかも見透かしていそうな雰囲気をかもし出している壇蜜姐さんだが、今回のキャラクターはいつにも増してそれが表れていて、適役としか言いようがない。あながち悪い意味でもなく相手の感情を逆なでするのが絶妙に上手なキャラクターと見た。

ひとまず「あんた、あの子(杏寿)の何なのさ」と言っておこう。杏寿の敵なのか、味方なのか、ゾクゾクしながら見守りたい。ちなみに、某“あなそれ”的なドラマで仲が演じていたのも「麗華」だったな。ここテストに出るから、覚えといて。

あとは、主人公の親友をやらせたら右に出る者はあんまりいない平岡祐太に、ちょっと軽いキャラの山田、困ったときの池谷のぶえ、純平の後輩作業員たちも、いいアクセントとして存在している。

ここまで、やっぱりみんな濃い。魔性の女に狂気に満ちた男、女性もか。ここまで続けて出てくると、お手上げ。続きが気になって仕方ないわ。

しかし、浮気だ不倫だってドラマの世界でも世の美男美女は欲張りだ。いや、平たくいえばうらやましいな。

ウイークデイラブもままならないのに、ホリデイラブなんてもってのほか。オトナ高校留年中の筆者に近寄る“魔性の女”なんて、せいぜい美しい顔をして電話一本で記事を書かせる女性くらいだ。

ええ、楽勝で転がされてますよっと。(ザテレビジョン・文=人見知りシャイボーイ)

https://news.walkerplus.com/article/135987/

あなたにおすすめ