二宮和也、初の外科医役!「日曜劇場」で海堂尊原作ドラマのダークヒーロー

嵐の二宮和也が、4月スタートの新ドラマ『ブラックペアン』(TBS系、毎週日曜21:00~)で、主演を務めることがわかった。自身初の外科医役で、「日曜劇場」の主演を務めるのも、これが初となる。

日本の医療問題を、エンターテインメントを通して提起し続けてきた海堂尊による、シリーズ累計115万部を突破した小説「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)のドラマ化。海堂が最初に発表した小説「チーム・バチスタの栄光」の原点となるのが本作である。天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海征司郎が、嫉妬渦巻く大学病院に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく、痛快な医療エンターテインメント作品となっている。

「第39回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞」をはじめ、数々の演技賞で高い演技力を評価されてきた二宮が、TBSの連続ドラマに出演するのは、2008年10月期の金曜ドラマ『流星の絆』以来10年ぶり。

今回演じるのは、大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、万年ヒラの医局員・渡海。手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医である一方、その傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を常に生んでおり、同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」と評され、通称“オペ室の悪魔”と呼ばれている。そんな渡海がメスを握る東城大学医学部付属病院に、他大学出身の新任の医師によって「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具が持ち込まれ、新しい手術の形が導入されようとする。技量に左右されず誰でも扱えるという心臓手術用の医療機器に、「外科医として手術の工程の一部を本当に任せることができるのか? この技術導入に裏はないのか?」と疑い、渡海は反対するが……。

渡海が医療の歴史が変わる渦の中に飛び込み闘う一方で、「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアン(止血用鉗子)に隠された真実をめぐる駆け引きと、渡海自身が抱えるある因縁も明らかになっていく。ダークヒーローを演じるということで、彼の新たな一面が見られる作品となるはずだ。

初の外科医役を演じるにあたり、すでに手術見学などの事前勉強を始めているという二宮。「先日、指導の先生に付きっきりで“今、目の前で起こっている事”の説明を伺いながら、心臓の手術を見学させていただきました。初めて見る世界だったので、緊張しました」とコメント。自身が演じる役については「あまりダークヒーローという認識をしていませんでしたが(笑)、長期間にわたり渡海を預からせていただくので、役とじっくりと向き合いたいです」と語る。そして、「日曜劇場に出演するのは初めてですが、日曜日は家族揃って過ごすイメージなので、そんな日の最後の締めになれるように頑張ります。毎週観てくださる方々の感情を揺さぶれるよう、全力で行きます!」と意気込みを語っている。

伊與田英徳プロデューサーは「原作を手に取った時、あっという間にラストまで読み進んだことを昨日のことのように覚えております。あのハラハラドキドキした感動をドラマ化できるかと思うと、大変光栄に思います。二宮さんは、以前、スペシャルドラマ『赤めだか』でご一緒させていただきました。その演じている姿を目の当たりにして、素晴らしいお芝居をされる方だと改めて痛感した次第です。さまざまな役を演じられてきた二宮さんに、ぜひとも、この渡海征司郎という天才外科医役を演じていただきたいと思い、オファーさせていただきました。今回は初の外科医、しかもダークヒーローを演じられるので、これまでに見たことのない、新しい二宮さんが見られると思います。医療の分野ならではのエピソードはもちろん、そこにまつわる人間の思いをしっかり描き、さらには、今回のドラマのキーアイテムとなる“ブラックペアン”の謎を最終回に至るまでしっかりと描いていきますので、是非楽しみにしていていただければ」とメッセージを寄せている。

あなたにおすすめ