三代目JSB・今市隆二がオーディションの苦労を激白!

2月2日夜1:00(木曜深夜)から、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE・今市隆二とベッキーがMCを務める「LOVE or NOT♪」の第21回がdTVとFODで同時配信中。

まず、オーディションの話題になり、ベッキーが苦労を語る。今市も「ボーカルバトルオーディション2でJSBに入ったんですけど、それまで100個ぐらい受けてたんで、とりあえず何でも良かったんですよ。デビューしたいという気持ちが強かった。1次が受かっても2次で絶対落ちていて。なんか習慣みたいになってました」と語り、「落ちすぎて、落ち慣れしてました」と振り返っている。

そんな中、今回は2月に開催される『LOVE or NOT♪』のイベントで、今市と一緒にステージに立ってパフォーマンスを行うバンドメンバーの応募動画を、EXILEや三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのツアーでバンドマスターとして参加する佐野健二と共に見ていくことに。

佐野が、TAKAHIROや今市のオーディション時を振り返りつつ、審査員ならではの「まずイニシャルインパクトがあるか。伸び代があるか。プロとして、例えばボーカルだったらピッチが良いとかそういうテクニカルなこと考えちゃうんですけど、それプラスアルファがないと(今市を指して)スターにはなれませんから」と注目ポイントを語っている。

楽器部門ごとにVTRを見ていく中、今市がギターに求めることを「プレイもそうかもしれないですけど、その人がどういう人なのかとかインパクトがすごくほしい。その人がステージに立った時にどう見えるか」と語る。一方、キーボードには、「例えばライブとかやったときにピアノ1本と自分が歌うってなったときに、息も合わないといけないので、そういう意味ではそこで信頼関係がないと駄目だなと思いますね」とポイントを語った。

ドラム部門で今市は「バンドの軸なんで、一番頼りにすると思うんでちゃんとした方を選びたい」と希望を語った。

最後に、ベッキーから動画の感想を求められた佐野は「トータルで、若い方が多かったので、個人的にはうれしいです。今からこういう人たちに伸びてほしいですし、もし縁があれば隆二とやっていただいて、そこからまた頑張っていただきたいですね」と好印象。

一方、今市は「すごく個性豊かで、女性の方がくるって思っていなかったんで、女性の方を入れたら面白いのかなという発想も生まれましたし、ちっちゃい子もすごくかわいらしかったし、すごく想像が高まったというか、他にもたくさん送っていただいたので、またちゃんと見たい」と期待に胸を高鳴らせていた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/136062/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス