【生きる伝説】映画音楽の巨匠「ジョン・ウィリアムズ」がスター・ウォーズのテーマを指揮をするオーケストラ動画がマジ鳥肌モノ!



突然だが、ジョン・ウィリアムズという米国出身の音楽家をご存知だろうか? 説明するまでもないだろうが、スター・ウォーズをはじめ、ジョーズ、スーパーマン、インディー・ジョーンズ、ET、ハリー・ポッターなどなど、数々の有名映画のテーマ曲を生み出してきた巨匠である。

そんなジョン・ウィリアムズ氏は1932年2月8日生まれの85歳。近年も作曲家や指揮者として活躍している “生きる伝説” だ。今回ご覧に入れたいのは、同氏がオーケストラを前にスター・ウォーズのテーマを指揮する様子である。正真正銘の本物が奏でるサウンドはマジ鳥肌モノだゾ!

・生きる伝説が指揮
動画のタイトルは『Jhon Williams!』だ。再生したら、「J Williams」と「PROPAERTY OF LUCASFLM(ルーカスフィルムの財産)」の文字、そして2016年11月21日の日付が飛び込んでくる。

続いて、スター・ウォーズでおなじみのタイトル画面がディスプレイに表示されると……キタァァァアアアーーー!! オーケストラによるスター・ウォーズのテーマの演奏がスタート! 何度聴いても、なんてパワフルで美しいサウンドだろうか……。

・撮影の舞台はロサンゼルスのソニースタジオ
もはや冒頭の「ジャーン!」からゾワッとするが、生きる伝説のジョン・ウィリアムズ氏が指揮をしているのだからマジ鳥肌モノである。なお、解説によると撮影の舞台はロサンゼルスにあるソニーのスタジオだという。

映画のための演奏だとすれば、きっとオーケストラも超一流に違いない。スター・ウォーズにさほど関心のない方でも、オーケストラと巨匠が奏でる素晴らしい演奏は時間を忘れることだろう。1分38秒と短い動画ではあるが、ぜひ視聴してみて欲しい。

参照元:Vimeo
執筆:K.ナガハシ

この記事の動画を見る
Related Stories

あなたにおすすめ